ブログランキングに参加中🎶

Googleが仮想通貨マイニングを禁止!?

ソラ

皆さんおはようございます!ソラです!朝起きたら友人から「Googleがマイニング禁止するってよ」とラインが来ていたので調べて見ました

 

Googleがマイニング規制

Googleは、ユーザーの同意なく仮想通貨マイニングスクリプトを埋め込む拡張機能が増えていることを受け、そうしたスクリプトを実行する「Chrome」拡張機能を取り締まろうとしている。

Googleは米国時間4月2日から、仮想通貨マイニングを実行する拡張機能について、その意図が明示されているか否かに関わらず「Chrome Web Store」では承認しないことをブログ記事で明らかにした。続いて6月下旬には、仮想通貨をマイニングする既存の拡張機能をすべて削除するという。(Yahooニュースより引用)

どういうことなのか具体例をあげて説明すると、いわゆる「クリプトジャッキング」と言われる手法が用いられています。最近話題になった「漫画村」ありますよね。あのサイトはPCで閲覧しようとするとトップページを開いただけでマイニング用スクリプトが起動する仕組みになっていました。(現在はソースから取り除かれているようです)自分のPCのパワーが他サイトを通しマイニングに悪用されていたというわけです。

この他にも、某有名ブロガーなども行っていた「あなたのパソコンの力を私共のマイニングに貸してもらえませんか?」などの、マイニングに使用する許可を利用者側からもらう形にするのも規制対象になるようです。

クリプトジャッキングとは

ハッカーが、ユーザーのブラウザを利用して、ビットコインのような暗号通貨を得る行為を、クリプトジャッキングと言います。暗号通貨は分散型台帳を通じて機能します。分散型台帳では、コンピュータが認証に利用され、台帳に加わっていきます。台帳に追加されるごとに通貨が増えるので、暗号通貨で多くの金を儲けようとすると、CPUパワーを利用できることが不可欠となります。高価な高性能サーバで倉庫を埋め尽くす代わりに、一部の暗号通貨マニアは、ユーザーのブラウザを頼りに、サイバー空間でマイニング(採掘)を行っています。

DIGIDAYより引用)

その他のマイニングへの影響

私の友人はこの記事を読んだ際、私の行っているCPUマイニングやGPUマイニングもできなくなるのでは?と心配してくれたようですw

しかし、私の行っているマイニングには何ら影響はありません。そもそも、私の行っているマイニングには「Google Chrome」は一切関係ありません。CPUマイニングに対してこの規制がどう関わってくるのかは正直、私にもわかりませんがマイニング全てを規制してしまうと暗号通貨の仕組み上、暗号通貨そのものがオワコンになってしまうので、ここまでメジャーになった暗号通貨のマイニング全てを規制するということはまず考えられません。

 

以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください