ピックアップ記事

 

ソラ
この記事では仮想通貨投資を始めるために必要な取引所開設や、注意点について解説します

ビットコインって聞いたことあるけど、どうやったら買えるの?

そもそも、仮想通貨ってなんなの?

という方々のために仮想通貨の買い方などを一から説明します。また、仮想通貨投資をする上で必要な情報収集の方法などもこの記事一つでわかるので、すぐにでも仮想通貨投資の「脱・初心者」が目指せます

仮想(暗号)通貨とは

まずは投資をする前に自分の投資する商品がどんなものなのか、知らなくてはいけません。実は仮想通貨は正式名称が「暗号通貨」と言います。暗号通貨とは、セキュリティ対策として暗号技術をベースに作られた通貨です。「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」という意味があると言われています

暗号通貨と仮想通貨の違い

ツイッターやネットなどで仮想通貨について調べると、「仮想通貨」と「暗号通貨」この二種類の呼び方をする人がいて大変混乱しました。しかし暗号通貨と仮想通貨は、言葉が違うだけで意味は同じだそうです。日本では仮想通貨という言葉が主流ですが、海外では暗号通貨(Cryptocurrency)が主流です。ですので外国語ができて、海外の仮想通貨事情などを調べたりする方は仮想通貨(Virtualcurrency)ではなく、暗号通貨(Cryptocurrency)でリサーチすると良いかもしれません

仮想通貨とは

日本円やUSD(アメリカドル)などの法定通貨(国が発行しているお金)に対し、特定の国家による価値の保証を持たない通貨のこと。仮想通貨とは、暗号を使用した「交換するための媒体」でオンラインサービス上で経済活動を行うことが可能な貨幣価値を持つ物体のない"仮想"の通貨です。

暗号通貨の一種であり、デジタル通貨とも言われます。代表的な仮想通貨として、ビットコインが挙げられます。特定の企業が発行する電子マネーとは違い、発行体が無いのが特徴です。ビットコイン以外の仮想通貨をオルトコインまたはアルトコインと呼び、仮想通貨はビットコインとオルト(アルト)コインを指します。

2016年5月25日、日本で仮想通貨に関する法律である仮想通貨法案が可決されました。これにより「モノ」と見なされていた仮想通貨は、日本では正式に「お金」と認められ、決済手段や法定通貨との交換に使えると正式に位置づけられました

発行元がない通貨をどうやって入手したら良いのかと言いますと、その入手方法には二種類あります。一つ目が取引所で購入する。そしてもう一つはマイニング(採掘)と言われる方法です。また、ビットコインウォレットを持つ人同士であれば、送金や受け取りが簡単に行えます。

その種類は1000種類以上

ビットコインやイーサリアム、リップルといったよく名前を聞く仮想通貨の他にも沢山の種類の仮想通貨があります。それぞれに使用用途や目的があり、運営母体があるものや無い物。その種類は日々増え続けており今ではその数はなんと1000種類以上になります。

仮想通貨の時価総額について

時価総額=発行枚数 × 一枚あたりの値段です。

2009年にビットコインが登場して以来、何百もの仮想通貨が誕生しているそうです。数多くある仮想通貨、何が人気で、どの通貨の価値が高いのか。現在市場に公開されている仮想通貨の最新の時価総額ランキングがわかるサイトを見つけましたのでご紹介します。

Crypto-Currency Market Capitalizations

coincap

初めて仮想通貨を購入される方や、どの通貨を購入すれば良いか悩んでいる方は上記のサイトを参考にして購入するのも良いかもしれません。

漫画で解説

ここまで長々と説明してきましたが、一発で理解できた人はいないはずです。そこで、少しでも皆さんに理解してもらいやすいように、重要な用語などは漫画にしましたのでそちらをご覧ください。

仮想通貨とは


ブロックチェーンとは

ビットコインの歴史

アルトコインとは

ウォレットとは

仮想通貨投資の始め方

仮想通貨購入までの流れ

1.取引所に登録
2.取引所に入金をする
3.お好みの通貨を購入する

仮想通貨を購入するのはそんなに難しくありません。

まずは仮想通貨投資歴3年以上の私がオススメする取引所をいくつか紹介しますので、そこからいくつか取引所を開設してみましょう。

仮想通貨取引所はどこもセキュリティに気をつけているとはいえ、絶対は無いのでリスク分散の意味でも取引所は複数開設しておきましょう。

取引所に登録

国内取引所No.1!BITPOINT
使いやすさ、セキュリティどれも国内No.1
・安心・安全セキュリティー
・手数料無料
・充実したトレーディングツール
・税金計算も楽チン!
高いセキュリティと使いやすさを兼ね備えた仮想通貨取引所。
税金の計算からトレードまで、便利なツールが勢ぞろい!
仮想通貨買うなら絶対ここ!
レバレッジ取引ならGMOコイン
GMOグループという安心感
・入金手数料無料
・取引所ではなく『販売所型式』
・貸仮想通貨サービス
・レバレッジ取引が可能
GMOコインは2017年5月31日に取引を開始した仮想通貨の販売所です。会社設立は2016年10月で、当初GMO Wallet株式会社という会社名で仮想通貨事業に参入することを決定。
その後「GMO-Z.vomコイン株式会社」と会社名を改め2017年8月「GMOコイン」と名称を変更しました。GMOコインの運営会社は、東証一部上場企業であるGMOインターネットグループで、知名度の高い大手企業という安心感と使いやすさが評価され業界でも非常に注目度が高いです。

情報収集ツールの紹介

仮想通貨投資をする上で「情報収集」は絶対に欠かせません。3年以上の仮想通貨投資歴を持つ私が、普段使っている情報収集ツールを紹介します。

Twitter(ツイッター)

一つ目は「twitter」です。

twitterはどこの情報サイトよりも早く情報が手に入ります。その中でも情報収集ツールとして使用するには情報にフィルターをかけなくてはいけません。

私が仮想通貨投資をする上でフォローを推奨してるアカウントは私のtwitterをフォローしてから、私がフォローをしている人をフォローしましょう。もちろん、仲の良い人をフォローもしていますが基本的に有益なことを呟く方々のみフォローしているので参考にしてみてください。

アプリ『コイン相場』

コイン相場 - ビットコイン&仮想通貨アプリ

コイン相場 - ビットコイン&仮想通貨アプリ
開発元:FrontierOne Software
無料
posted withアプリーチ

二つ目に紹介するのは、携帯で利用できるアプリです。twitterはいくら情報が速いとはいえ、その情報全てを追うのはなかなか難しいです。そんな時に役に立つのが「コイン相場」です。ここには様々な仮想通貨情報がカテゴリ分けされて載っているので1日の終わりに今日のニュースを一括で集めるのに便利です。詳細については以下の記事にて解説しております。

以上です。二つでいいの?とおもわれた方がいるかと思います。はい。二つでいいのです。

情報収集には「速さ・質・量」この三つのポイントが大事になってきますがこの二つのツールでそれら三つのポイントは全てカバーできます。もちろん、このツール以外にも使い勝手の良いツールはたくさんあるかと思われますので、お好みで+αして使って見ると良いでしょう。

セキュリティ対策を行う

私が仮想通貨投資をする上で行っているセキュリティ対策は二つです。

それは2FA(2段階認証)ハードウェアウォレットです。

・「2FA(2段階認証)」:不正な出金などを防ぐもの。
・「ハードウェアウォレット」:ネットワーク上から切り離して仮想通貨を保管できるお財布です。

このどちらも仮想通貨投資をするのであれば必要最低限行うべきものなので面倒くさがらずにしっかりと行いましょう。自分の仮想通貨が盗まれてからでは遅いですからね。

詳しくは以下の二記事をお読みください。

【関連記事】ハッキング対策に必須!2FA(2段階認証)とは

【関連記事】LedgerNanoS(レジャーナノエス)使い方|対応通貨|送金方法を解説

最後に

以上で仮想通貨投資を始めるための必要最低限の準備は終わりです。仮想通貨はうまくいけば少ない時間で大きなお金を手にすることができる夢のような投資商品です。

しかし、それは同時に多くのお金を失う危険も含んでいることを忘れないようにしてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事