ピックアップ記事

ハッキング対策に必須!2FA(2段階認証)とは|やり方を解説

ソラ
どうも!ソラです!今日は、投資をする上で欠かせない『2FA(二段階認証)』についてです。

仮想通貨取引所は必ずしも安全な場所とはいいきれません。ハッキングの危険性があったりもします。もしも自分の取引所口座がハッキングにあってしまった場合は、今から紹介する「2FA(2段階認証)」 を行なっていなければ保証の対象にも入れないのでしっかりと対策を行っておきましょう。

必ず!2段階認証はしてください!

2FA (2段階認証)とは

2段階認証は必要最低限のセキュリティです。取引所から日本円や仮想通貨を出金する際に一定時間で切り替わるパスワードが生成されるアプリを設定しておき、それを入力しないと出金ができないと言ったものです。

イメージとしては、ネット銀行の「ワンタイムパスワード」に近いかもしれませんね。この設定をしていれば全額とはいかないもののいくらか保証してくれる取引所もあるので、必ず設定しておきましょう。

二段階認証設定方法

まずはアプリをインストールします。

Google Authenticator

Google Authenticator
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ
「バーコードをスキャン」が手間もかからず登録しやすいのですが、これにはパソコンかもう一台の端末が必要になりますので注意してください。

取引所を開く

今回は一例として「bitbank(ビットバンク)」での設定方法を紹介します。

ログインしたら、右上の人のマークをクリックし、次に「セキュリティ」をクリックします。セキュリティ設定の一覧画面に移行したら「2段階認証」の設定をクリック。

アプリでバーコードを読み込んだら、6桁の数字が表示されるようになると思います。それを取引所の認証コードの欄に打ち込んだら設定完了です。

 

 

複数端末に分けよう

私は2段階認証のアプリをいれているのはサブ端末です。なぜかと言いますと、もし仮に普段持ち歩くメインの携帯が壊れてしまった場合や機種変更で携帯を変えた場合などは、その携帯に2段階認証のアプリをいれていると非常に面倒なことになります

なので、2段階認証のバックアップ用としてもう一つ端末を購入することを推奨します。

最後に

「投資は自己責任」という言葉があるように、仮想通貨の保管も「自己責任」なのです。せっかく仮想通貨投資で儲けてもコインを盗まれてしまっては意味がありません。取引所は仮想通貨を購入する上では絶対に使う場所なので、そのセキュリティには最新の注意を払いましょう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事