ピックアップ記事

ソラ
ソラです!この記事はここ最近Twitterなどで話題の、マイニングを行ったことによる逮捕されたというCoinhiveについてです。

Twitter上でこの記事が話題になっていました。

仮想通貨マイニング(Coinhive)で家宅捜索を受けた話

違法マイニングで16人摘発 10県警、仮想通貨獲得で不正アクセス

Coinhiveとは

コインハイブとは

Coinhiveはコインハイブと読みます。Coinhive運営は「多くのWebサイトには、押しつけがましくて邪魔な広告が表示されている。その代替手段を提供することが、われわれのゴールだ」と語っており、そのサービス内容はCoinhiveのコードをサイトに埋め込むと閲覧者のPCのCPUパワーを使い仮想通貨(モネロ)のマイニングを行うというもの。

なぜ摘発されたのか

簡潔に説明すると「同意なしに他人のパソコンを使いマイニングを行ったから」です。

警察庁は摘発された16人は閲覧者の同意を得ずに、無断でマイニングを行ったとして「不正指令電磁的記録 取得・保管罪」、通称ウイルス罪に当たるとして摘発を行った。

Coinhiveで支援しよう

どうやら、家宅捜索を受けたデザイナーは警察庁に対して裁判を起こすようです。それを支援しようというサイトが出来ているらしいです。しかも、Coinhiveで。笑

個人開発者の方がデザイナーの方を支援しようと公開したサイト「Coinhiveで支援しよう」。

このサイトで得られた収益は今回、裁判を起こすデザイナーの方の元に送られるのだという。

最後に

この件で私が懸念しているのはまた世の中の仮想通貨に対するイメージが「仮想通貨やっぱり危ないんだ」「仮想通貨、逮捕されるの?」と言った悪いイメージがついてしまうことです。

仮想通貨に怪しいイメージが一度ついてしまった人は「ビットコイン」と聞くだけで「え〜危ないんでしょ〜」と、その中身については一切調べようともしない。

仮想通貨が世に浸透するのはまだまだ先になりそうです。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事