ブログランキングに参加中🎶

ALISISTAインタビュー第2弾!マミィさんとは

ソラ

どうも!ソラです!今日の記事は前回大きな反響を呼んだインタビュー企画の第二弾です!今回は、前回の記事でも紹介したALISが世界を牽引する〜漫画編〜を描いたマミィさんに来て頂きました!よろしくお願いします!

前回のインタビュー記事はこちら

インフルエンサーランキング産みの親!「億ラビット」とは

ALISが世界を牽引する〜漫画編〜はこちらから

https://alis.to/mammy/articles/39rW7OOzvZ4m

「マミィ」とは

同人誌活動14年を経て今ここALISにたどり着く。プロと趣味の中間の活動を楽しんでやってきた。
もともとモノづくり精神の東洋文化的だった同人誌界に競争原理や資本主義が蔓延しはじめ、もっと別の方向で漫画を活用したいと引退。現在はALISで活動。

実はマミィさんを二人目に選んだ理由は億ラビットくんの漫画を描いている他にもう一つあって、お話した際に共感する部分があったからです。それは、マミィさんがALISの収益で旅することを目標に掲げているというところが、私のこのブログの目標と似ていてとても共感できたからです。

インタビュー

Q:趣味

A:今好きなことをすること、瞑想

Q:仮想通貨以外で今熱中していることは何か

A:量子力学を自己啓発・成功哲学に当てはめたものです。
影響力の高め方がアインシュタインの相対性理論に繋がったりして面白いです。

後は、心理的に成功を阻んでいるものの根本原因を掘り下げるのも面白いです。
元家族が及ぼす性格形成、メンタルブロック、自己肯定感。
仮想通貨でダメになってしまう人、チャートにマインドが支配されてしまう人、多いなって思います。

私は同人界で、欠乏感が原動力の人、注目されたいあまりに自己乖離で
つぶれる人を何人も見てきました。
全ての人が、自分が本当に楽しいことを精いっぱいできてそれが認められる
世の中になったらいいなと思っています。

Q:マミィさんは小さい頃から絵や漫画を描いていたんですか

A:絵を描き始めたのは2~3歳くらいで、カレンダーやチラシの
裏にらくがきするのが好きな、よくいる子でした。
ある日家中の紙がなくなり、自宅前の道路にチョークで
らくがきをはじめたら、100m先まで道路が埋まったそうです(笑)

Q:漫画とかで見るゾーンみたいですね

A:そうですね。幼少期は特に皆、ゾーン(高い集中)がどこかで現れます。
子供は自分が何が得意で、何をもって社会に貢献できるかをすでに知っているんですね。
つまり楽しく、楽に、感謝されながら生きられる方法です。

ですが現代ではそもそも幼少期にゾーンに入った経験が乏しく、自分のジャンルを忘れてしまった大人が多いのは非常に勿体ないこと。
仮想通貨界にも社会の中で迷走している人が多く見られるように感じます。

会社を辞めたいと思っても、その支配から無理に逃げるだけでは幸せにはなれません。
むしろ会社をボロクソに言う人ほど、会社を辞めてもまた同じパターンの繰り返しです。

ALISコミュニティではそのような方は見たことがないですが、ここが
本当の自分を掘り起こしていける場所になりつつあるとは感じています。

Q:ALISが世界を牽引する〜漫画編〜が投稿されましたね

A:億ラビット君に刺激されたおかげです。

漫画を描くのは楽しいので、描いている間も充実感でいっぱいでした。
だから評価などはあってもなくてもいいし「読んでくれてありがとう」しかありません。

私が、皆好きなことをやらないとダメだ!と思うのは、
人は自分の好きなことをやった分だけ自己肯定感が上がるからです。
それは「自分に生まれてきて良かった」と思えるということです。

そもそもやってるだけで楽しいので、褒められたい、認められたい、が存在しません。

この満たされたエネルギーがあれば、それが溢れ、他者への親切心や分け合う心に繋がっていきます。
誰かの欠乏感も周囲が埋めてあげられるかもしれない。
全員が楽しいと思えるコミュニティが出来上がっていきます。

このエネルギーを、ALISの投稿で出す人、部活で出す人、イベントで出す人、それぞれだと思います。
でもこれが基本となるのは間違いありません。資本主義からの脱却です。

人は嫌々やったことで信用を得ることなどできないのです。

Q:オクリビットランキング7月2日では291ポイントで1位でしたね。

A:大変光栄です。ですが正直「全力で1位を取りに行ったが3~4人に憚られ無理だった」
という展開も素敵だなと思っていました。
なので今頃、500ポイントを狙った誰かが、あっと驚く記事を黙々と準備中…という展開を待ってます。

今後は、何週間もかけて1記事だけを書き、それだけでALISそのもの
を変えようとするのもひとつのスタイルになっていくのではと思っています。

まあ今部活が楽しい人も多いので、エネルギーがそちらへ向かっているかもしれませんが。
それはそれで素晴らしいことなので、嬉しく思います(笑)

Q:そういえばALISに部活動制度を導入したのもマミィさんだとお聞きしました。そのきっかけとは

A:そうですね、ディスコードで部活動制度をはじめました。
部活を立ち上げたい人が自分で申請して、あとは集まったメンバーだけで勝手に活動していってます。
部活間でALISのPRに協力し合う場面も見られます。

現在ALISはクローズドβ版で投稿が仮想通貨ジャンルに限定されているのですが、
丁度この頃はジャンルしばりで皆さんのエネルギー低下を感じていました。
私も表現の自由が奪われた気がして運営に文句ぶつけたりと(笑)

何だか楽しくない…はダメです。逆に何とかして楽しい方向に持っていけば、全ては何とかなります。

丁度その時、仮想通貨の赤ちゃんさんがラップを発表して

周囲が興奮でざわついたんです。これだ!と。
この高揚感・ときめき・相手をリスペクトする気持ち。この気持ちを追いかけようと。
仮想通貨で繋がるのではなく、もっと積極的に個々の本来持っている魅力で繋がろう、そう思い部活動制度を立ち上げました。
結果正解だったと思っています。ディスコードのALISサポーターズの運営はmuromachiさん(@i_osd1_Bonsai
という方がやってくださっていて、とても頼りになります。

Q:魅力、と言えばALISのヴォエ一族?も不思議な魅力を放っていますね

ALIS内に生息するヴォエ族ですね。https://voenista.base.shop/
よく分からない不思議なキャラ集団ですが、よく分からないままALIS内で市民権を得つつあります(笑)

ヴォエニスタは「ただ楽しいというエネルギーのみで世界を展開する」という
非常に大切なことを体現して私たちに教えてくれています。

例えば漫画は「絵を描くこと」と思われがちなんですが、これは違います。
実は漫画を描くとは、コマを連ねて世界を展開することなんです。
これは音楽やダンス、ブログ投稿など全てのジャンルで当てはまります。

人を惹きつけるのは「自分の世界を展開できる人」です。
そしてこれはやろうと思えば誰もが出来ることだと思っています。
ヴォエ一族は世界を展開できたんですね。

楽しそうだな、と思ったらALISに来てみてください。

Q:ALIS以外にはどんな活動をされていく予定なんですか?

最近の漫画は、主人公のドラマを追ったものでなく、必要な情報を伝える手法としても広がりを見せています。
私はここをお手伝いしたいと思っています。

例えば結婚式のパンフレットに二人のなれそめ漫画を描いたり、ご家族への感謝を漫画にしてプレゼントする、
部活動の部員募集の熱いメッセージなども。
そういった漫画の利用方法がもっと一般的になって欲しい。

もちろん今回のように、ALISへ投稿した記事を漫画化、もありです!

ALIS以外の仮想通貨キャラを描いたり、他コミュニティの紹介漫画も描いてみたいですね。

ご希望の方はツイッターのDMでご連絡ください。
ただの説明だけの漫画だと私は描けないので、あなたの想いを本気で伝えにきてください!
私も本気で向かい合います。

Q:最後に一言

先日、量子力学の先生に太陽系の公転の話を聞きました。
参考動画です

実際太陽系がこの通りの動きかは別にして、大変感動しました。

成功パターンの説明でエネルギーがらせん状で語られるのは
よくあることですが、まさか太陽系まで!そうか、じゃあもう逆らえないですね(笑)

今ALISコミュニティはひとりひとりのエネルギーを巻き込みながら、らせん状で上昇しています。
回転でなく、らせんです。私たちは成長を止めることはできない、二度と同じ時に戻ることもできない。

私もALISの一部になりながら、この面白いコミュニティを見守りエネルギーを注いでいきたいと思っています。

終わりに

今回はALISで漫画部などの部活動を立ち上げたり、イラストを製作することでALISや漫画の魅力を伝えようとするマミィさんにインタビューさせて頂きました!

もう熱い!熱すぎてこの記事を書きながら感動しました。

最近、億ラビットくんをきっかけにALISのたくさんの方々と関わる機会が増えて来たのですが、ALISに対する思いや熱意にいつも驚かされます。

まだまだ、ALISの一端に触れただけですので、これからもっとALISを知りたいと考えています。

ALISISTAの皆さん、ご協力お願いします。

最後に、この記事の全力拡散よろしくお願いします!

ALISの団結力を界隈に見せてやりましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

こちらも合わせてお読みください&拡散お願いします

インフルエンサーランキング産みの親!「億ラビット」とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください