ブログランキングに参加中🎶

仮想通貨の確定申告ツールCoin Tool(コインツール)とは|特徴を解説

どうも!ソラです!みなさんは仮想通貨の確定申告をしたことがありますか?私は昨年度、確定申告で大変な思いをしたのを覚えています。

そんな時、損益を計算できる便利なツールがあればいいのになぁ、、、と何度思ったことでしょう。

今回は、そんな時に役に立つ確定申告用のツール「Coin Tool(コインツール)」を紹介します。

仮想通貨で確定申告が必要なのは?

そもそも、仮想通貨で確定申告が必要なのはどんな時なのでしょう。

仮想通貨の取引をした方で、確定申告が必要なケースについてみていきましょう。
前提として、仮想通貨を所持しているだけでは確定申告の必要はありません。
利益確定商品を購入したり、他の仮想通貨と交換することで初めて確定申告の必要が出てきます。

会社員など一社から給与所得を得ている方は1年に20万円以上の利益が出たら、確定申告が必要です。
学生や主婦など家族の扶養に入っている方は、利益が33万円(住民税の基礎控除額)を超えた場合、確定申告をしておいた方がよいと言えます。
よく、勘違いされている方が多いのですがフリーランス、個人事業主の方は、利益の額に関わらず確定申告が必要です。

Coin Tool誕生の背景

上記のように仮想通貨で20万円以上の所得を得た方は、2018年2月16日(金)〜3月15日(木)の間に確定申告をしなければなりません。

しかし、取引所ごとに異なる取引履歴のフォーマット、仮想通貨の売買・交換・利用・分裂までカバーし損益を計算することは、税理士の方でも対応が困難な場合があるようです。また、個人の方にとっては税理士報酬が高く感じられることもあるかもしれません。

このような背景を踏まえ、 仮想通貨の所得計算を誰でも簡単に出来る「 Logo 」が誕生しました。

利用登録はこちら

Coin Toolの特徴1:安心の税理士サポート

仮想通貨の税務に詳しい税理士・岡友紀先生に当サービスの計算ロジックのチェックや、解釈が難しい処理については議論・相談させていただいた上で開発を進めております。

また、利用期間中は税理士及び当社スタッフによるメールサポート対応がつきますので、安心してご利用いただけます。(サービスの使い方に関しては当社スタッフより回答、個別具体的な税務相談に関しては税理士より回答 ※税理士への再質問は1回、最大2回回答)

Coin Toolの特徴2:国内主要取引所を網羅

対象範囲としては、Coinchek、Zaif、bitFlyer、bitbankの4取引所となります(信用取引は未対応)。今後は、海外の主要取引所に順次対応していく予定です。

Coin Toolの特徴3:様々なパターンに対応

仮想通貨同士の交換は、その時点の仮想通貨の価格を遡って計算しなければならないゆえに困難です。また、仮想通貨の利用や分岐にまで対応した税理士監修ツールはCoinToolのみです。

Coin Tool利用方法

利用登録をして、料金をお支払いください。(決済にはVISA , MasterCard がお使いいただけます。)

各取引所の取引履歴のcsvファイルをアップロードしてください。
損益計算が完了したら計算書類をダウンロードしてください。そのまま確定申告書に記入していただけます。

今年度利用料金:4,500円(税込)

※利用期限: 2018年2月811月末日

※決済手段はクレジットカード支払いのみ

利用登録はこちら

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.