ブログランキングに参加中🎶

仮想通貨確定申告サポートのGuardian|特徴を解説

どうも!ソラです!年末も近づき、そろそろアレの時期がやってきますね、、、そう。確定申告です。

確定申告とは

所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算し、税金を支払うための手続きです。個人の所得の計算期間は1月1日から12月31日の1年間。確定申告書や決算書などの必要書類をそろえて、翌年の2月16日から3月15日(土日の場合は翌月曜日)までに税務署に申告・納税します。人によっては、確定申告を行うことによって「納めすぎた税金が還付金として手元に戻ってくる」場合(還付申告)もあります。

私は昨年度自分で申告を行ったので、その大変さが身にしみて分かっております。自分で全てやるのは絶対にお勧めしません!

【最新版】
おすすめの取引所ランキング

公式HP
登録者急増中!
手数料がすべて無料!
本田圭佑器用で話題に!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
最大23,000円の
キャッシュバック実施中!
登録するなら今!
公式HP
金融のプロが運営するので
セキュリティが
安心・安全

仮想通貨の取引所は万が一のために複数開設必須です!

この機会に登録を!

仮想通貨で確定申告が必要なのは?

そもそも、仮想通貨で確定申告が必要なのはどんな時なのでしょう。

仮想通貨の取引をした方で、確定申告が必要なケースについてみていきましょう。
前提として、仮想通貨を所持しているだけでは確定申告の必要はありません。
利益確定商品を購入したり、他の仮想通貨と交換することで初めて確定申告の必要が出てきます。

会社員など一社から給与所得を得ている方は1年に20万円以上の利益が出たら、確定申告が必要です。
学生や主婦など家族の扶養に入っている方は、利益が33万円(住民税の基礎控除額)を超えた場合、確定申告をしておいた方がよいと言えます。
よく、勘違いされている方が多いのですがフリーランス、個人事業主の方は、利益の額に関わらず確定申告が必要です。

自分で仮想通貨の計算をしたり、申告をするのは大変ですよね。

そんな時に役に立つのが仮想通貨確定申告サポートサービスの”Guardian”です。

Guardianとは

Guardianは、信頼できる全国の仮想通貨税務に精通した税理士を紹介。税務申告者の「困った」をサポートします。

お申し込み

Guardianの特徴その1:仮想通貨の税務知識に精通した税理士を紹介

税理士という肩書きを持っていても、仮想通貨の税務処理に専門的な見解を持っているかは、人によってまちまち。Guardianでは仮想通貨の税務知識に精通した税理士を厳選しご紹介します。
また、必要書類のご提出からサービス完了まで全てオンラインで利用可能なため、どこからでも利用可能です。

Guardianの特徴その2:煩雑な計算と確定申告書の作成をフルサポート

仮想通貨の税金計算は非常に煩雑ですし、確定申告書等の税務手続に関する書類の作成にも手間がかかります。Guardianでは仮想通貨に関する所得の計算及び確定申告書の作成まで、まるまるフルサポートします

Guardianの特徴その3:取引履歴を取得できる全取引所・全取引について対応可能

仮想通貨取引は国内の取引所だけでなく、国外の取引所で取引をされている方も多数います。また、現物取引からレバレッジ取引まで様々な取引種類が存在します。Guardianでは国内外問わず取引履歴をcsvファイルまたは表計算ファイルで提出できる取引所・取引について納得感のある固定料金で対応可能です。

お申し込み

お任せプランのスケジュール

対応取引所

プランとご利用料金

お申し込み

 

\合わせてこちらも読みたい!/

仮想通貨の確定申告ツールCoin Tool(コインツール)とは|特徴を解説

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください