ブログランキングに参加中🎶

【マイニング専用OS】ethOSとは|購入方法や導入・設定方法を解説

どうもソラです!今回の記事は前回の記事で組み立てを行ったマイニングリグで実際にマイニングを行うために必要なOSの購入と導入・設定方法についての解説を画像付きでして行きます!

マイニングリグとは
マイニング用の機材を組み立てたもの

【最新版】
おすすめの取引所ランキング

公式HP
登録者急増中!
手数料がすべて無料!
本田圭佑器用で話題に!
日本の殿堂入り取引所!
公式HP
最大23,000円の
キャッシュバック実施中!
登録するなら今!
公式HP
金融のプロが運営するので
セキュリティが
安心・安全

仮想通貨の取引所は万が一のために複数開設必須です!

この機会に登録を!

マイニングとは

マイニングを行う人のことを『マイナー』と言いますが、そもそもマイニングとはなんなのでしょう?

マイニングって何?

二重払いや不正を防ぐため、過去の取引履歴のデータの整合性を取りながら 取引の承認・確認作業を行うことをマイニングと言います。自分のコンピューターの計算能力を貸して、コインの送金や取引などの処理のお手伝いをして、その成果報酬として新しく発行されたコインを受け取ることができる方法ってことです!

マイニングの始め方

マイニングを始めるために必要なステップは全部で4つ!今回はOSの購入・設定編です!

  • STEP.1
    機材購入
    マイニングに必要な機材を揃えます
  • STEP.2
    組み立て
    購入した機材を組み立てます
  • STEP.3
    OSの購入
    マイニング用のOSを購入します
  • STEP.4
    OSの設定
    購入したOSをセッティングします

マイニングに始め方STEP3:ethOS購入

まずはOSの購入方法から解説して行きます!

まずはこちらのリンクから購入画面へと飛びます。すると、下の画像のような画面が出てきますよね。gpushackで売られている様々な商品が並んでいますが、今回はその中でも「ethOS Digital Download」を購入します。(SSD版もあるのですが煙が出たと言う記事を見たのでおすすめしませんw)

 

「Add to My Cart」をクリックした後に右上の「Cart」をクリック。そうすると「I’m Ready to Check Out」と言うボタンが出てくるのでクリック

 

下の画像のような画面が出てくるので各個人情報を入力します

  • Email(メールアドレス)
  • Company(国籍)
  • Last name(苗字)
  • First name(下の名前)
  • Postal code(郵便番号)

郵便番号を正しく打ち込むと住所が表示されます。全て打ち終えたら「Continue to payment method」クリック。

 

クレジットカード情報を入力します。(クレジットカードをお持ちでない方はAmazon payやApple payでも購入が可能です)

 

ethOSダウンロード

購入が完了したらgpushackからのメールが届きます。「Download ethOS」をクリックすると下の画像と同じページに飛びます。

 

ダイアログボックス全てにチェックを入れると「DOWNLOAD ETHOS 1.2.9 FROM ETHOSDISTRO.COM 104.236.8.65」と書いてあるボタンが赤→緑に変わりクリックが可能になります。

 

クリックをすると以下の画面が表示されます。ここで言うユーザー名とパスワードはメールに表記されているものをさします。

ダウンロードが完了したら、そのままでは使えないのでファイルを解凍します。解凍が完了するとiso形式のファイルが出来上がります。

ethOS起動用USBメモリを作成する

ブータブルUSBを作成できるツール(私が使用したのはRufus)を起動し、先ほどダウンロードしたethOSファイルを容量16GB以上且つ3.0メモリのUSBに書き込みます

注意
macOSではRufusが使えません。

私は、デスクトップがWindowsでしたのでブータブルUSB作成だけはWindowsで行いました。

動画でブータブルUSB作成の一連の流れを説明してくれている方がいましたので載せておきます(英語ですw)

ethOS初期設定方法

先ほど組み立てたマイニングリグのマザーボードにUSBを差し込むと写真のような画面が出ると思います。

 

1.パスワード変更

最初に「passwd ethos」と打ち込みパスワードの再設定を行います。「(Current)Unixpassword」に初期パスワードである「live」と入力したら自分で決めたパスワードを2回入力します。画像のように「passwd updated successfully」と出れば変更完了です。

 

2.IPアドレスの固定

IPアドレスを固定するために設定ファイルの書き換えを行います。「sudo nano /etc/network/interfaces」と言うコマンドで設定ファイルを呼び出し「iface eth0 dhcp」となっている行から「post-up・・・」行の手前まで画像のように書き換える。「adress」などの部分は各自のLAN環境に合った数字を入力してください。設定を入力し終えたら、(control + O キー)で保存&(control + X キー)で終了したら「r」コマンドで再起動する。

 

4.マイニングプールとウォレットアドレスの設定

マイニングプールとは

複数の採掘者(マイナー)で協力して採掘(マイニング)を行う仕組みを指します。採掘の結果、得られた採掘報酬(コインベース)を各採掘者の貢献度(ハッシュレート)に応じて分配します。

ワンポイント
ハッシュレートというのが以前説明したビデオカードのスペックによって変わってくるものだよ!。

 

4.リモートコンフィグの無効化

「nano /home/ethos/remote.conf」コマンドで設定ファイルを呼び出し、ファイルの中にあるものを全て消去するか「nano /home/ethos/remote.conf && echo “remote config turned off”」でリモートコンフィグを無効化する。これが原因なのかはわかりませんでしたが、リモートコンフィグが有効のままウォレットアドレスを書き換えても設定がうまく反映されませんでした。それに、他の人にリモート管理されていると言うのはなんだか気持ちが悪いですよね。ですので、これも早い段階で無効化しておきましょう。

 

5.設定を反映させる

nanoコマンドの設定全てが終わったら「putconf && minestop」と入力する。「REMOTE CONFIG DOSE NOT  EXIST OR IS FORMATTED INCORRECTLY. USING LOCAL CONFIG 」と言うコメントが出たら設定が正常に反映完了です。

 

6.ハッシュレート出力の確認

先ほどの設定が正しければ「show miner」を入力するとこのような画面が表示される。間違っている場合はErrorなどの表示が連発して表示されます。その際は(control + C)で表示を止め、先ほどの設定を見直しましょう。

7.うまく動かない場合

設定面は全て正しかったのにブータブルUSBを作成する際にファイル選択を「iso」ではなく「img」で行いethOSの書き込みを行ってしまった際に下の画像のようなエラーコメントが連発しました。ファイル形式の選択ミスがこのエラーに繋がっていたのかは定かではありませんがファイル形式を「iso」形式に選び直して再度書き込みを行い、正常にマイニングが行われました。皆さんもうまく動かない場合はこれを試して見てください。


 

8.マイニング状況の確認

こちらからetsOSのサイトへアクセスし「pool」で以下の画面が出てくる。ここに自分のアドレスを打ち込み「GET STATS」をクリックすると

ethOSでイーサリアムをマイニングしている状況の確認が行えます。報酬として受け取れるイーサリアムは送金手数料等々の関係で0.2ETH以上貯まった場合、ETHを受け取ることが可能です。

終わりに

以上で、マイニングを始めるための準備が全て完了となります!あとは機材が壊れないように定期的なメンテナンスをしてください。

【マイニング】メンテナンス方法を解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください