ピックアップ記事

はじめまして。ソラといいます。

僕は現在、職業「フリーランス」で、もともと会社員時代にやっていた副業を本業にして生活しています。

今回はそんな僕が

・完全な初心者でもわかりやすく
・できる限りわかりやすく
・専門用語少な目で!
転売の始め方を解説しようと思います!
同時に転売を始めるうえで疑問に思う
「転売って違法じゃないの?」とか「転売に資格は必要なの?」といった疑問もしっかりと解消していきます。
この記事1つ読めば、あなたも今日から転売を始めることができます。

転売とは

転売とは、『自分で買ったものを他の人に高く売る行為のこと』です。”せどり”と言ったりもしますね。

主にこの記事では、リアルに店舗を出したりせずにネットで完結するタイプの転売について書きます。(店舗仕入れも含む)

一般に転売というと悪いイメージがつきがちです。

しかし、物販や転売と言い方は様々ありますが、世の中はそのほとんどが『転売』で成り立っています。

なぜ転売ヤーが嫌われるのか

転売ヤーが世の中から嫌われる理由の多くは、『人気商品を買い占めて、定価以上で販売している』からです。

人気がある商品というのは、市場価値が高いので高い価格で取引されるのは当たり前なのですが、本来なら容易に入手できるはずの商品を転売ヤーが買い占めを行うことで不当に値段を釣り上げて利益をあげているのが許せないと感じる人が多いようです。

ソラ
限定販売のものを1人で全部買い占めたりするのは良くないと思います。

転売って違法なの?

基本的には、転売と言われる行為自体は違法ではありません。では、どう言ったケースが違法となるのでしょうか。

違法となるケース

・ダフ屋と言われるチケット転売
・古物商許可を取らずに販売する
・輸入禁止のもを輸入販売する
大きくこの3つがあげられます。
僕は法律の専門家ではないので明言は避けますが、「普通にものを買ってものを売る行為自体は違法ではない」と考えてもよいのではないでしょうか。
もちろん、常識や法律を守ったうえでの話ですが。

転売に資格は必要?

これも基本的には必要ありませんが、原則として、日本国内では一度消費者の手に渡った物品(古物)を転売する場合は、古物営業法に基づいて、古物商許可というものを取る必要があります

※ただ、営業として継続的に行うのではなく、単発で行う場合はこれには該当しません。

法人ではなく個人の場合でも、継続して大量に商品を仕入れ転売した場合(大規模な転売の場合)は、古物営業法違反によって逮捕される場合もあります。

しかし、実際のところはどこまで取り締まっているのか、どの規模から古物商許可が必要なのかは、都道府県によってもばらつきがあるため、古物商許可が必要になるかどうかは、住んでいる地域の警察に問い合わせるのが一番確実です。

また、古物営業法については、警視庁がまとめている「古物営業法FAQ」でわかりやすく解説されています。→警視庁古物営業法FAQ

ソラ
もし、心配な人は約2万円ほどで取得が可能なので、最寄りの警察署で許可を取得してしまいましょう。(逮捕されてからでは遅いので)
古物商許可取得方法はこちら

転売の歴史

そもそも転売がネット上で広がり、一般の人の間で流行り始めたのは、BOOKOFFなどで中古本を買ってきて、ヤフオクで売るというのが最初の始まりでした。

しかし、毎日古本屋に足を運ぶ非効率さとBOOKOFFなどのお店側が、転売目的での本の購入を全面的に禁止してからはこの手法は廃れていきました。

次に流行ったのが、家電などを一般のお店から仕入れてメルカリや、ヤフオクで売るというもの。

そして現在流行っているのは、メルカリやヤフオク間で価格差のある商品を探し出して、売るというものです。

ワンポイント豆知識

『せどり』というのは、「転売業者が古本屋で本の背中のタイトルを見て、買う本を選んだこと」からきていると言われています。

転売の種類

転売には実は全く違う二種類のやり方があります。

大きく分けると「無在庫転売」と「有在庫転売」に分けることができます。

二つの転売方法について解説します。

無在庫転売

その名の通り、在庫を抱えないタイプの転売の方法です。

具体的なやり方としては、ほかのサイトに出品された商品の画像だけを出品して稼ぐという方法です。

このやり方のメリットとしては商品が売れてから仕入れをすることが可能なので赤字になる可能性が限りなく低くなるということです。

しかし、有名な転売プラットフォームの「メルカリ・ラクマ・ヤフオク」などのフリマ・オークションサイトでは「手元にない商品の出品は禁止」されています。

もし仮に、Amazonなどから画像だけ引っ張ってきて出品しても即アカウントBANを食らってしまいますので止めておきましょう。

無在庫転売は、「BASE」などのプラットフォームを用いて、オンラインショップを自分で立ち上げれば行うことが可能です。

反対にデメリットは、有名なプラットフォームに出品ができないので顧客数を見込めないという点です。

これに関しては、現在僕のほうで新しい無在庫転売のノウハウを構築中なので完成したらブログで公開します。

有在庫転売

こちらは無在庫とは反対に在庫を抱えるタイプの転売です。

デメリットは赤字になる可能性があるのと、商品在庫が邪魔になります。

メリットは無在庫転売とは反対に、メルカリなどにも出品ができるのでユーザー数の多い市場に出品ができるという点です。

転売に必要なもの

転売に最低限必要なものをまとめました。初心者の方は、これさえあれば転売を始めることができます。

1.スマホ

まずスマホがないと、商品の値段を調べたりすることもできませんし、出品などを行うこともできません。

よって、スマホは転売を行う上での必要最低限のアイテムです。

2.せどり用アプリ

Shufoo!(シュフー)

Shufoo!は、店舗のセール情報をいち早くキャッチできるアプリです。

店舗仕入れにおいてセールは稼げる最高のチャンスなので、事前にリサーチすることで効率よく仕入れを行うことができます。

Shufoo!(シュフー)

Shufoo!(シュフー)
開発元:TOPPAN PRINTING CO.,LTD.
無料
posted withアプリーチ
せどりすと、せどろいど

初心者の方は最初は、無料のもので十分です。

このアプリを使えば、バーコードを読み取るだけで商品の売れ行きや価格相場を調べることが可能です。(店舗仕入れなどの時に使います)

せどりすと

せどりすと
開発元:Orela.org
無料
posted withアプリーチ

せどりツール「せどろいど」

せどりツール「せどろいど」
開発元:Sedolist Project
posted withアプリーチ

3.バーコードリーダー

せどり用語でバーコードリーダーのことを”ビーム”って言います(ダサいw)。

バーコードを読み取り、商品情報を調べるのはアプリで十分のようにも思えますが、実はアプリには読み込みが遅く、処理能力が悪いという欠点があります。

(店舗によってはバーコードリーダーの使用を禁止している場所もあります。よく確認してから行いましょう。)

オススメのバーコードリーダーはこれ

created by Rinker
ユニテックジャパン
¥13,500 (2019/04/24 15:13:26時点 Amazon調べ-詳細)

4.プリンター

プリンターはAmazon出品を使う際などに使用します。

そのほかにも、あると便利なことが多いので本格的に転売を行う方は是非購入しておきましょう。

プリンターを選ぶ際のポイントは

  • プリンター本体の価格
  • インクなどの消耗品の値段
  • スマホと連携できるか

これらすべての条件を満たすのが『EPSON A4ビジネスインクジェットプリンター PX-105』です。

5.クレジットカード

転売の仕入れをする際に必要になってくるのが「クレジットカード」。

世の中には様々なクレジットカードがありますが、転売では使うクレジットカードを変えるだけで毎月貯まるポイントが数万円分変わってくる場合があります。

逆に言うと、どのクレジットカードを使うとよいのかわかっていないと毎月数万円損をしているということになります。

損をしないためにも転売でおすすめのクレジットカードについては知っておきましょう。

 

6.消耗品類

転売を始めると発送作業をすることになりますが、その際に必要な消耗品が多数ありますのでご紹介します。

ダンボール
created by Rinker
アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)
¥1,649 (2019/04/24 16:13:28時点 Amazon調べ-詳細)
ハサミ
カッター
created by Rinker
日本クリノス
¥385 (2019/04/24 15:13:27時点 Amazon調べ-詳細)
クラフトテープ
created by Rinker
ニチバン
¥1,171 (2019/04/24 15:13:27時点 Amazon調べ-詳細)
ラベルシート
created by Rinker
コクヨ(KOKUYO)
¥480 (2019/04/24 16:13:28時点 Amazon調べ-詳細)
クリスタルパック(小物入れ)
created by Rinker
シモジマ
¥538 (2019/04/24 16:13:29時点 Amazon調べ-詳細)
シール剥がし液
created by Rinker
3M(スリーエム)
¥527 (2019/04/24 15:13:28時点 Amazon調べ-詳細)
メジャー
created by Rinker
TJMデザイン
¥1,436 (2019/04/24 16:13:29時点 Amazon調べ-詳細)
ストレッチフィルム

転売のやり方

まず、転売で利益を出すためには安い仕入れ先の確保が絶対条件です
ネットが普及して、誰でも簡単にものの値段を調べられるようになった今では、利益を出すことは簡単なことではありません。

でも、ご安心ください!商品の値段をしっかりと調べて、安い仕入先を確保することができれば、簡単に利益を出すことも可能です。

ツールを使って値段を調べる

モノレート

モノレートはAmazonで売られている商品の価格の変動、出品者数の変化、ランキングなどの情報を確認できるサイトです。

DELTA tracer

こちらはChromeの拡張機能の『DELTA tracer』です。

転売をしなくても、普段の買い物から商品の相場や価格推移を確認できるので知っておくとお得なツールなので、パソコンを持っている人は絶対に追加しておきましょう。

DELTA tracerの機能一覧

 

・商品の価格推移
・相場情報
・外部店舗価格

・商品価格推移

・相場情報

・外部店舗価格

DELTA tracerの詳しい使い方・導入方法はこちら

卸サイトで仕入れる

転売をするのに、様々な店舗に足を運んだりする必要はありません。

ネット上には、卸専門のサイトが多数ありますので、いくつかご紹介します。

その中から自分の取り扱うジャンルなどによって使い分けると良いでしょう。

NETSEA

卸のまいど

卸問屋.com

そのほかには

などがあります。私がよく利用しているサイトを書きましたが、調べるともっと安いところも出てくるかも知れません。

ソラ
「もっと良い仕入先知ってるよ」という方がいれば、是非教えてください。

100円均一転売

卸サイトの他に私が初心者にオススメしているのは『100円均一転売』です。

転売を始めたての頃は、資金が少ないので100円で仕入れられるのは魅力的ですよね。

でも、「100均の商品なんて売れるの?」と思われる方も少なくないはずです。

それが、意外と売れるんです。考えられる理由としては

  • 意外とお店がない場所が多い
  • そもそも買い物に行くのが面倒

などです。どう言ったものが売れやすいかというと、イベント時に使用する小物類です。

例えば、クリスマスツリーの装飾品とか、ハロウィーングッズとか。

出品する

商品を仕入れたら、出品をしないとものは売れません。皆さんもよく知っているであろうサイトで出品をします。

Amazon出品

Amazon Seller

Amazon Seller
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

ヤフオク!

ヤフオク!
開発元:Yahoo Japan Corp.
無料
posted withアプリーチ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ

メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
開発元:Mercari, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まとめ

ここまで転売で稼ぐための必要最低限の知識や準備すべきものを紹介しました。

転売は、地味な作業が非常に多い反面、数字がすぐに出やすいので副業初心者の方にはおすすめとなっています。

転売を初めて一番良かったと思ったことは、物の原価や安く仕入れられる場所・時期を知れたことです。

お金を稼ぐためには使うお金を減らすことも大事なので、今後人よりも安く必要なものを買えるようになるというのはかなり大きいです。

マナーやルールを守り転売を楽しんで行いましょう!

LINE@で副業に関する背信や、個別相談乗ってます!友達追加お願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事