ピックアップ記事

【仮想通貨】仮想通貨送金ミス〜原因と対策を解説〜

ここ最近では仮想通貨ブームということで仮想通貨投資をする人がすごく増えてきたな〜と感じます。最初は、みなさんおそらく国内の取引所のみでトレードしたりすると思いますが、慣れてくるといわゆる草コインを購入するために海外の取引所にコインを送ってから、購入すると言った機会が増えてくるはずです。

そこで、今回の記事では仮想通貨投資初心者がやちがちな「送金ミス」について原因と対策について解説します!

草コインとは

・どこのだれが作ったかよくわからない仮想通貨
・目的があって作られているけど、今後発展するのかどうかが、よくわからない仮想通貨。

言葉を悪くいうと「怪しいコイン」ってことですね。(まあ、ほとんどがそうだけど)

仮想通貨の誤送金の原因

主に考えられる理由として以下の点が挙げられます。

  • アドレスの打ち間違い
  • そもそも違うコインのアドレスだった
  • 大文字小文字のミス

私は仮想通貨の情報共有のためのライングループを運営しているのですが、そこで今日、「コインチェックからバイナンスにDashを送ったのですが、なかなか着金しません」という方がいました。

詳しく話を聞き、コインチェックの送金画面を見せてもらうと

なんと、送金完了と出ているではないですか!?

さらに詳しく話を聞くと、後から確認してみた結果、送金の際に打ち込んだアドレスを一文字抜かして打ち込んでしまったそうです。

アドレスを間違えているのにトランザクションIDが発行されて送金完了となってしまった場合、恐らくですが他の人のDashのアドレスへと送金をしてしまったのではないかと考えられます。

(追記)

どうやら、本当にコインが送金完了した場合はこちらの画像のように、トランザクションIDが表示されるようです

今回の場合それが表示されていないので送金は完了していないということになりますね

Dashを誤送金してしまったら

あくまでこれは今回の例のようにDashを誤送金してしまった場合の調べ方です。

まずDahの公式サイトに行きます。

ネットワーク→ブロックチェーン→coinpayments→serch

そこに今回、間違えたアドレスを打ち込み、検索してみた結果

受け取った取引が0となっているのがわかりますね。

私は最初は違う人のアドレスに送ってしまったのだろうと考えてましたが、一文字少なく打ち込んだということだったので、そもそも存在しないアドレスだった可能性が高いです。

仮想通貨の送金が完了しない場合

アドレス間違いをしても送金が完了せずにコインが返ってくるパターンもあります。

  • 実在しないアドレスに送金した場合
  • 全く違うコインのアドレスに送りトランザクションIDが発行されなかった場合

注意点

注意
違うコインでも送金が完了してしまうパターンは、他の人のアドレスを打ち込んでしまう以外にもあります。例えば、BTCをBCHのアドレスに間違えて送金してしまった場合、これはその仕様上、送金ができてしまうのです。実際にはコインは送られてはきませんが、、、もともと同じビットコインであったものが分かれてできたビットコインのハードフォークコインを送るときにも注意が必要ということですね

仮想通貨の送金ミスを防ぐためにすべきこと

  • 送付先のアドレスの確認
  • QRコードを使って送金する
  • 送りたいコインのアドレスかどうかの確認

それぞれコインのアドレスには特徴があります。例えばビットコインであればアドレスが1からリップルであれば””から始まるなど、それらの点をしっかりと確認した上で送金をするように心がけましょう。

仮想通貨の送金ミスをしてしまった場合の対処法

もし、それでも送金ミスが起こってしまった場合は、焦らずにまずは取引所にお問い合わせをしましょう。

私自身も過去にBTCをブラックコインとかいう訳のわからないコインのアドレスに間違って送金してしまい、当時のレートで50万円分ほどのBTCを宙に漂わせてしまったことがあります。あの時は、夜も眠れませんでした。。。

そんな送金ミスがこの記事きっかけになくなることを祈っています。

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事