ブログランキングに参加中🎶

[仮想通貨]XPコインとは?

ソラ

こんばんは!soraです!今日はこれまた最近話題の「XP」という仮想通貨について書きます!最初は、みんな「XRP」と間違えてるのかな?とか思ってましたがどうやらそうではないらしいのです。

 

XPの簡単な概要

公式サイト こちら
公式ブログ  eXperience Points Japan
正式名称 eXperience Points
公式ツイッター XP COON_JAPAN
発行枚数 5000億枚、、、になるらしい笑
マイニングアルゴリズム POS
取引所 coinexchange

 

何に使われるの?

XPがどんなところで利用されるのかというと

今の開発チームが目指している利用先は「ゲーム」

ゲームの中でもらえる経験値ありますよね。

あれをイメージして大会の賞金などにXPを用いて

優勝者への経験値のようなイメージで配るのだと言います。

また、それがゲームで敵を倒した際などにも手に入り

そのゲームの中でも使用が可能。そんなコインを目指しているそうです。

 

なぜそんなに騒がれるの?

コミュニティが活発

私もチャットをよく覗きに行くのですが、チャットの流れが早すぎてびっくりしました(笑)

ただ、チャットがうるさいだけならどこにでもありそうなコミュニティだと思いますが

このコミュニティ、、、なんと!!XPをタダでばらまいてくれるそうです!!

チャットに参加しているだけで仮想通貨が貰えるのだから、そりゃコミュニティも盛り上がるに決まってます(笑)

コミュニティへの参加はこちらのページからダウンロードをして行えます。

 

 

あのコインを彷彿とさせる

XPのように日本人のコミュニティが盛り上がっているコインが他にもありますよね。

この時点で「あ〜、あれか〜!」とぴーんと来る人も多いことでしょう。

そう!「モナコイン」です!

モナコインとは?

モナーコイン(Monacoin)は巨大掲示板サイト2chのソフトウェア板でMr.Watanabe(わたなべ氏)によって開発され2014年1月1日に流通がスタートした日本発の仮想通貨です。

通貨単位表記は「MONA」です。モナーとはアスキーアートのキャラクターの一つです。

モナーコインは利用者が実行しているクライアントプログラムが形成するモナーコインネットワークによって維持されており、管理者等は存在しません。

クライアントプログラムはオープンソースを用い、モナーコインプロジェクトにより作成・公開されています。モナーコインプロジェクトではコインの発行・運営はしていません。(bitFlyer BitCoin用語集より引用)

今、XPを盛り上げている人の中にはモナコインのような上昇を夢見て「バラマキ」などを行なっている人も多いのではないのかと、個人的には思っています。

 

 Binanceに上場するかも?

Binanceとは?

中国の仮想通貨取引所で、日本語にも対応しています!

Binanceの取引量は世界一と言われており、ここに上場したコインは爆上がりする!

と期待されているくらい影響力のある取引所です。

Binance上場がかかった投票が日本時間で1月5日の19時までだそうです!

投票にはBinanceで取り扱いしているBNBトークンというのを使って投票ができるようです。

現在、一位はXRB(これまたXRPみたいな名前のコイン笑)というコインで、5000票差でXPが2位につけています。

過去の例だと、一位以外の銘柄が上場した例もあるそうなので期待していいでしょう!

 

 

XPロードマップ公開

XPのロードマップについて公式からアナウンスが出ました。

イケハヤさんがサクッとまとめてくれていたのでそれをここに書きます。

  1. サポートデスクトップの開設(2018/01)
  2. XPを使えるゲームが公式からリリース(2018/02)
  3. エコノミーモデーリング(Pos報酬の見直しなど)を含む新ホワイトペーパー公開

私はゲームをするのが好きなので、個人的には公式からリリースされるゲームが楽しみですw

 

まとめ

本当にざっくりですが、XPについてまとめました!

私個人の調べてみての感想は

短期で見ると値動きはBinence上場にかかっているな〜と思いました。

一方で、これだけコミュニティが盛り上がっているのだから

第二のモナコインになるのにもそう時間はかからないのではないかとも思いました。

 

 

 

最後まで、お読み頂きありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください