ピックアップ記事

アミ
FXが儲かるって聞いて始めてみようと思うんだけど、まずはなにからしたらいいの?

ソラ
FXはみんなが思ってるほど難しくないし、ちゃんと勉強すれば稼ぐこともできるよ!一緒に勉強して、FXを始めよう!
副業について調べると、必ずと言っていいほど聞くことになる”FX”。
FXはすごく稼げる副業として有名ですが、反対に適当に始めた人の9割以上が損をするといわれています。
また、「始めてみたいけどどうやって始めたらいいかわからない」、「仕組みも知らないから怖い」という人が大半かと思われます。
この記事では、FXの始め方は勿論、リスクを抑えた取引方法、必要な資金、口座開設の方法など、初心者がFXを始めるのに必要な情報をわかりやすく解説します!

そもそもFXとは

アミ
FXってよく聞くけど、どういう意味なの?

 

ソラ
FXは「Foreign Exchange」の略で、日本では「外国為替証拠金取引」っていうんだよ。また「外国為替証拠金取引」を略して「外為(がいため)」と言うこともあるよ。
皆さんが仮にアメリカに旅行に行くとしたら、日本円をドルに換えると思います。
1ドル110円だとしたら、100ドル欲しいときは11,000円必要ということになります。
しかし、24時間世界中の投資家や企業が通貨を交換し合っていて、ドルと円を交換するときのレートは日々上下しています。
もし仮に、アメリカから帰ってくる時に1ドルが120円になっていたら、100ドルを交換すると12,000円になり、1000円の利益となります。
この価格変動の仕組みを使って稼ぐのが「FX」です

FXを始めるために口座開設をしよう!

FXを始めるには、取引をしたい会社を決めて口座を開設する必要があります。
FXの口座には、維持費や開設費などは一切必要なく年会費もかかりませし、開設の際に印鑑や手帳も必要なくネットだけで完結できますので、安心して口座開設していただけます。
では、さっそく口座開設をしていきましょう。

開設する会社を決める

FXで口座開設をするには、取引をするFX会社を決定しなければなりません。

初心者向けのサービスが充実していたり、キャッシュバックを行っていたりと、会社ごとの特徴は様々です。

そうは言っても、始めたばかりだとどのFX会社がいいのか迷ってしまいがち。

アミ
たくさん会社がありすぎて、どこにしたらいいかわかんない!

ソラ
いくつかおすすめの会社をピックアップしたから、一緒に見てみよう!
外為ジャパンFX
初心者にもプロトレーダーにもオススメの外為ジャパン!
4800円の証拠金から取引が可能なので初心者におすすめNO.1!

■外為ジャパンが選ばれる7つの理由■

1.全15通貨ペアスプレッド最狭水準

2.1,000通貨取引が全通貨で取引可能

3.100%信託保障!(日証金信託銀行株式会社/株式会社SMBC信託銀行)

4.安心の平日24時間サポート

5.クイック入金 約380の金融機関にて振込手数料無料(当社負担)

6.外為ジャパンFX PRO~スマート、スピーディな情報が凝縮された取引ツール~

7.取引ツール(Android/iPhone/スマホWeb版/iPad/モバイル)対応

DMM FX
全てが高スペック。FX初心者から上級者、幅広く選ばれています

FX初心者も安心して取引ができる大手企業。

DMM FXを運営しているDMM.com証券は国内口座数が1位と、その人気ぶりが伺えます。

スプレッドが安く、使いやすさも抜群なので初心者におすすめ!

1.FX業界最狭水準のスプレッド
「全20通貨ペア」
2.初心者からデイトレーダーまで好評の取引ツール
「もちろんスマホからでも取引可能!アプリで楽々トレード」
3.カスタマーサポートも充実で初心者も安心
「平日24時間電話サポート/業界初!LINEで問い合わせも可能」
4.安心安全の『全額信託保全』導入済み
「3つの信託銀行でお客様の大切な資産を管理しております」
5.業界初!『時事通信社』ニュース配信
充実の為替情報でFX取引の参考に
SBI FXトレード
最短5分で口座開設が可能
抜群のスプレッド・スペックを誇る取引環境で
投資家の皆様に高水準のお取引環境をご提供

【SBI FXトレードの強み】

1.業界最狭水準のスプレッド

2.業界最良水準のスワップポイント

3.業界トップクラスの取り扱い通貨ペア(26通貨ペア)

4.1通貨からお取引が可能!

5.取引ツールや便利ツールが豊富

6.便利なクイック入金

口座開設は簡単3ステップ!

口座開設はめちゃくちゃ簡単です!

今から、その手順をご紹介します。

今回は、先ほどランキング1位でご紹介した「外為ジャパン」を例として口座開設の説明をさせていただきます。

口座開設完了までの簡単3ステップ

 

・「口座開設はこちら」というボタンをクリック
・必要情報を入力
・本人確認書類とマイナンバー書類を提出

「口座開設はこちら」というボタンをクリック。

必要情報を入力

まず初めに、各種確認事項を確認したら左のチェックボックスにチェックを入れます。

次にお名前、性別、生年月日などの個人情報を入力します。

次に勤務先情報、年収、自己資産、取引の動機について入力します。

次は、投資経験の年数を入力。ここは嘘をついてはいけませんが、投資経験がない人は審査で落とされてしまう可能性があります。

全ての入力が完了したら、一番下の「申し込む」をクリック。

これで、各種情報の入力は完了です。

 

本人確認書類とマイナンバーを提出

必要情報の入力が完了したら、次は本人確認書類の提出を行います。

マイナンバーカードをお持ちの方は、カード裏表1枚ずつの提出で済みますが、カードをお持ちでない方は、その他の本人確認書類の添付が必要になります。

持っている本人確認書類のパターンごとに提出が必要な書類が変わってきますので、そのパターンを解説します。

パターンA

パターンB

パターンC

パターンD

本人確認書類
・個人番号カード
【顔つき本人確認】
・運転免許証
・パスポート
・住民台帳基本カード
・在留カード
【顔なし本人確認書類】
・各種保険証
・住民票の写し
マイナンバー確認書類
・個人番号カード
・通知カード
・マイナンバーが記載された住民票の写し
ご自身の提出すべき本人確認書類がわかったら、さっそく画像をアップロードしていきましょう。
「本人確認書類のアップロードをクリック」。
画像の選択が完了したら、下にスクロールして「アップロード」をクリック。
「本人確認書類のアップロードが完了しました。」という画面になれば完了です!
口座開設に必要な作業はたったこれだけ!

取引する通貨ペアを選ぼう!

FXは取引を始める前に、通貨の組み合わせ(通貨ペア)を決めます。

開設した口座にログインすると、取引画面に通貨ペアがたくさん出てきます。

▲外為ジャパンPROだとこんな感じ▲

この通貨ペアは、各会社ごとに扱っているものが違ったりもします。

アミ
JPYとかUSDってなんのこと?

ソラ
FXでは通貨をアルファベット3文字で表すよ。最初の2文字で国名、最後の1文字で通貨名を表すよ。だからJPYはJP(JAPAN)Y(YEN)。つまり日本円の略称だよ!

 

初心者におすすめなのは「米ドル/円」

株式会社東京金融市場の発表によると、2018年の日本でのくりっく365というFXでは米ドル/円の取引量が国内1でした。

「米ドル/円」は世界でもトップクラスの取引量を誇る通貨ペアです。

日本でも情報量が多く初心者でも手が出しやすい通貨ペアとなっています。

また、取引量の多さから価格変動が安定しているので、特に初心者の方がデイトレードやスイングトレードを始めるのに適しています。

デイトレードは数分から~数十分単位で売買を繰り返して利益を目指す1日で完結するスタイルのことです。

一方でスイングトレードは、数日ほど動きを見ながらじっくり取引をするスタイルを指します。

基本的な専門用語を覚えよう!

アミ
口座開設してみたんだけど、専門用語が多すぎてわけがわからないよ~

ソラ
そうだよね。そしたら、ここからは基本的な専門用語について解説するよ!

FXは初心者にはわからない専門用語がたくさん出てきます。

言葉の意味を知らないと何のことを言っているのかわからずに苦労することがあると思います。

証券会社のHPなどでも確認することはできますが、ここではその中でも特に大事なワードについて解説をします。

レバレッジ

レバレッジとは「てこの原理」という意味で、FXでは自分の手元にあるお金に倍率をかけて大きな金額を動かすという意味で使います。

例えば10万円の証拠金で取引しようと思えば、通常は10万円分しか取引は行えません。

しかし、仮にレバレッジ10倍で取引をした場合は100万円分の取引を行うことができるというわけです。

レバレッジをかけて取引がFXの魅力でもありますが、反対に高いレバレッジではわずかな値動きで大きな損になる可能性も頭に入れて取り引きを行いましょう。

エントリー

エントリーとは、簡単に言うと「トレードを開始すること」です。

新規注文を行い、ポジション(※外貨をいくら買っているか、あるいは売っているかという状況)を保有することです。

エントリーを行った後は、ポジションを持った状態となり、それ以降の上下動に注意しましょう。

買い注文を出すことを「ロング」と言い、売り注文を出すことを「ショート」と言います。

スプレッド

FXのサイトには通貨ペアごとの売値(BID)と買値(ASK)が表示されています。

株式投資と違ってFXには取引手数料というものは存在しません。

しかし、取引画面を見るとわかるように売値と買値には少しだけ差があります。

▲画像はGMOクリック証券▲

これがFX会社の実質の手数料である「スプレッド」です。

画像では1通貨あたり8銭なので、1万通貨単位だと800円の手数料がかかることがわかります。

だいたい100万円ほどの取引を行って800円の手数料なので、安いとは言えません。

このように会社によってはスプレッドが高くなっているので、注意が必要です。

このスプレッドの差はよく取引されている通貨ペアほど狭い傾向にあります。

FXの会社を選ぶポイントで重要視されるのがこのスプレッドですので、会社を選ぶ際の判断材料として頭に入れておきましょう。

スワップポイント

FXをするうえでスプレッドの次に欠かせない要素が「スワップポイント」になります。

FXでは2つの国の通貨を取引するわけですが、それぞれの国で決められた政策金利の差に応じてスワップポイントというのが設定されています。

スワップポイントは日本円のような低い金利の通貨を売ってトルコリラのような高い金利の通貨を買うことで、2国間の金利差を毎日受け取れる仕組みです。

FXではトレードのほかにも、スワップポイントのような長期運用をして稼いでいる人もいて、自分のスタイルに合わせてできるのも魅力の一つです。

ロスカット

ロスカットとは、ポジション(※)の損益がある一定レベルに達したときに、更なる損失の拡大を未然に防ぐために、その対象ポジションを強制的に決済する制度のことです。

このロスカット・ルールが設けられていないと、預け入れた資産を全額失うばかりか、追加で損金を支払わなければならない事もあります。

つまり、ロスカット・ルールという決済により損失が確定するものの、原則として最低限の資金は温存されることになります。

ただし、相場があまりにも急激に予想と反対方向へ進んだ場合は、預けた資産以上の損失が発生する可能性があることにご注意ください

実際にトレードしてみよう!

基本用語を覚えて準備が整ったところで、実際にトレードをしてみましょう!

トレードを開始するまでの流れ

口座開設が完了すると、証券会社から簡易書留が届きます。

中に、ログインIDやパスワードが記載されていますので、なくさないようにしましょう

その情報をもとにログインを行います。

「会員ログイン」をクリックすると、画像のように3つのログインできる場所が表示されますが、初心者の方におすすめなのは、「外為ジャパンFXPRO」です。

ログインID・パスワードを入力したらログインをクリック。

初めてログインを行った場合は、利用規約などの文面が表示されますので、すべて承諾するにチェックを入れたら、最後に同意するをクリック。

ログインが完了したら、下にスクロールを行います。「入出金」というボタンがありますので、そちらをクリック。

①ご自分がお持ちのネットバンクを選択。

②入金予定金額を入力。

③「確認」をクリック。

そうすると、各ネットバンクの画面に移動しますので、そちらで振り込みを行ってください。

振り込みが完了すると、数分で着金が確認できるかと思います。

これで、トレードの準備は整いました。

最初は初心者向きの通貨ペアUSD/JPY(米ドル/円)で注文をしてみましょう。

スプレッド(手数料)も安く、値動きも比較的穏やかなので初めての初心者が始めるのに向いている通貨ペアです。

最も簡単な注文方法は「ストリーミング注文」「クイック注文」と言われるものです。

現時点での見たままのレートで取引する方法ですので、最初に始める時はこれだけ覚えておけばOKです。

①買いたい通貨ペアを選ぶ

②取引数量を決める

③ASK(買)のボタンを押して買う

逆に売りたい場合はBID(売)のボタンを押せば売ることが出来ます。

見た目も分かりやすいですし、非常に簡単な操作で売買ができます。

注文方法を覚えよう!

FXを始める時、最初は成行注文だけで問題ないですが、さらにチャンスをものにするならほかの注文方法も覚えておきましょう。

クイックトレード(成行注文)

成行(なりゆき)注文とは、あらかじめ注文の値段(レート)を設定せず、現在の市場の成り行きで行う注文方法のことです。
今すぐに、買注文を出したい、または、売注文を出したい時に行う注文方法です。

指値注文/逆指値注文

指値(さしね)注文、逆指値(ぎゃくさしね)注文とは指定レートに到達した時点で、自動的に注文が成立する注文方法です。
また、注文中のポジションに、決済の【指値/逆指値】注文を入れることも可能です

OCO注文

OCO(オーシーオー)注文とは、2つの注文(指値、逆指値)を同時に出しておき、どちらかが成立すると、もう一方はキャンセルされる注文方法です。

クイック+OCO注文

クイック+OCO(クイック オーシーオー)注文とは、現在の市場の成り行きで行う注文(成行注文)と同時に、指値注文(利食い)と、逆指値(損切り)の注文をあらかじめ出しておける注文方法です。

なお、指値注文、または逆指値注文が約定すると、もう片方は自動的にキャンセルされます。

IFDONE注文

IFDONE(イフダン)注文なら、いくらで買う(売る)という新規の注文と新規注文が成立したら、いくらで売る(買う)という決済のレートを同時に指定することができます。

IFDONE+OCO注文

IFDONE+OCO(イフダン オーシーオー)注文なら、決済のレートを二つ指定できるので、利益がでたらこのレートで決済、損が出てしまったらこのレートで決済、と同時に指定いただくことが可能となります。

トレール注文

トレール注文は、予め指定した幅を保ちながら、高値(安値)を更新する度に、損切りのレートも変動する為、朝起きて、値動きを確認したら、寝ている間に結構利益が出てきたのに、起きた時には相場が戻ってしまっていた。
あの時に、決済しとけば・・・なんて心配も必要ありません。

リバース注文(途転)

リバース注文[途転(ドテン)注文]とは、同一の通貨ペアで、買いポジションを売りポジション(または売りポジションを買いポジション)に、一度で転換する注文方法です。

様々な注文方法を書きましたが、全部をすぐに覚える必要はありません(僕も覚えていません笑)。

こんなやり方もあるんだーくらいの認識で初めは大丈夫です。

ソラ
少しずつトレードに慣れてきたら、違う注文方法も使っていきましょう!

損切ラインを決めてから注文を行おう!

FXを始めるにあたって損切りするラインを決めておきましょう。

損切とは

損を承知で取引を終える行為のことです。

FXでは、この損切のはやさ・正確さがそのまま勝率に響いてきます。

具体的に言うと逆の方向にいくらの値幅で動いたら損切するのかを決めます。

つまり、トレードをエントリーする前に自分の損失許容額を決めてしまうのです。

エントリーしたら必ずすぐに逆指値で損切ラインに注文を入れておきましょう!

人は感情に流されやすいものです。特に、損をしている時は、なかなか決断できないものです。

どれだけ感情を入れずに、そして機械的に始める事ができるかが勝負の分かれ目です。

損をしないために余裕資金でトレードしよう!

当たり前ですが、取引する際は必ず生活費とは別の余裕資金で運用を始めるようにしてください。投資のコツは心に余裕を持つことです。

また、FX初心者の方は、慣れるまではあまりに高レバレッジでFXを始めることはおすすめしません。

高レバレッジでFXをした場合、予想と少し逆に動いただけでロスカットになってしまう場合があります。

ある程度慣れるまでは1000通貨で少額取引に対応している会社で、レバレッジを高くし過ぎないように始めることをおすすめします。

口座は複数開設をしよう

FXの口座は1社だけを選ぶ必要はありません。むしろ、複数のFX会社で口座を開設してみるのをおすすめします。

例えば、メインで利用しているFX会社でシステム障害が発生し、取引ができない場合でも、サブで利用しているFX会社の口座を開設していれば、取引チャンスを逃す機会がグッと減ります。

FXの口座は複数持っているのが当たり前ですし、開設しただけで放置しても特にデメリットはありません。これからFXを始める方々は、リスクヘッジのためにぜひ複数のFX会社で口座開設をしてみましょう。

LINE@に登録してみよう

初心者の方がまず初めにすべきは、トレードが上手な人のトレードの真似をしたり、考え方を学ぶということです。

今の時代、便利なもので有料級のトレード情報を無料でLINE@で配信してくれている方がいるんです。

僕の知っている有名なトレーダーの方を紹介しますので、トレードをする際の参考にしてみてはいかがでしょうか?

KAZUさん

まず一人目は、KAZUさん。

この方は、仮想通貨の有料グループの運営もされていて、仮想通貨でも値動きをバンバン当てています。

画像のように、丁寧に画像付きで解説をしてくださるので、初心者にもわかりやすく安心です。

また、質問にも気軽に答えてくれますので一度登録してみてください!

LINE@で配信している情報などを見逃した場合は、KAZUさんの個人ブログで週間考察をまとめているのが見れますので、そちらもご覧ください!

BULLヒロさん

最強トレーダー。

為替だけでなく、日経平均や仮想通貨など多くのマーケットを網羅した情報を無料でLINE@で配信されています。

配信頻度も多めで、局面が来るたびに細かく指示してくれますので、かなり勉強になること間違いなしです。

BULLヒロさんはLINE@のほかにも、めちゃくちゃわかりやすいトレードのテクニカル解説などをブログで行ってくれています。
そちらも合わせてご覧ください!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事