ピックアップ記事

こんにちは。ソラです。

以前にこのブログで「転売の始め方」についての記事を書きました。

まだ、読んでない方はまずはそちらを読んでみてください。

▼転売の始め方の記事はこちら▼

転売には「有在庫転売」と「無在庫転売」の、2種類のやり方があると解説しました。

「無在庫転売って聞いたことあるけどやり方がわからない」、「仕組みはわかるけどどうやって始めたらいいかわからない」という方が、多いと思います。

そんな皆さんのために、この記事では無在庫転売の始め方やメリット・デメリット、具体的な稼ぎ方についてわかりやすく解説していきます!

この記事でわかること

・無在庫転売のメリット・デメリット
・無在庫転売の始め方
・BASEを使ったネットショップの立ち上げ方

無在庫転売とは

無在庫転売とは、その名の通り「在庫を抱えない」タイプの転売のやり方のことです。

高級家具専門店やオーダースーツなどの、受注生産と呼ばれる業態も言い方を変えれば「無在庫転売」です。

それらの業界も受注が入ってから生産を行うので、在庫を持つことはありません。

これと同じように無在庫転売も、お客様の注文が入ってから仕入れを行い、商品を発送します。

無在庫転売のメリット・デメリット

メリットについて

メリット

赤字になるリスクが低い
・少ない資金で始められる
・誰でもできる(難易度は高いかも)
・パソコンさえあれば始められる
無在庫転売のメリットは全部で4つあります。
・1つ目は在庫を抱えないので赤字になる可能性がほぼ0ということです。
・2つ目は、クレジットカードで仕入れを行うと自己資金実質0で始めることができる点。
・3つ目は、画像を出品するだけで出来るので誰でも出来ます。(行動力は必要)
・4つ目は、商品を調べる、出品する、発送する、このすべての流れがネット上で完結するので、パソコン一つで始めることができるという点です。

ソラ
僕の昔教えた生徒さんの中には、今ではパソコンすら持たずに携帯のみで、月に20万円ほど稼いでいる猛者もいます笑
▼おすすめのクレジットカード▼

デメリットについて

デメリット

・誰でも出来るのでライバルが多い
・有名なプラットフォームを使えない
・発送に時間がかかる
・利益が少ない
無在庫転売のデメリットも全部で4つ。
・1つ目は、簡単に始められるのでライバルが非常に多い副業になっているという点。
・2つ目は、ヤフオク、メルカリ、ラクマなどのいわゆる転売で有名なプラットフォームが使えないという点です。これらのプラットフォームは利用規約で「手元にない商品の出品を禁止」しています。
・3つ目は、基本的に無在庫転売を行う場合は海外輸入になるので、お客様の手元に届くまでに多くの日数を要してしまうという点です。近年では、Amazonでの買い物が主流になり注文の翌日には届くのが当たり前になっているので、発送までにかかる日数をみて買い物をやめてしまうという方もいるほどです。
・4つ目は、誰にでも売れる商品を売ることになるので、利益は少なく薄利多売になりがちです。

ソラ
僕も以前、メルカリで無在庫転売を行っていたのですが、即見つかりアカウントBANされてしまいました。その時は利用規約を読んでおらず、突然のBANに驚きました。転売を行う前に各プラットフォームの利用規約は確認しておきましょう。

無在庫転売の始め方

ここからは、具体的な無在庫転売の始め方について解説します。

まずは無在庫転売の流れについてみてみましょう。

無在庫転売の流れ

1.商品リサーチ

2.出品

3.発送

4.顧客対応
流れをみたらわかるように、無在庫転売は超簡単かつシンプルです。

ソラ
売れそうだなと思ったら、「とりあえず出品して、反応悪ければ値段変えたり、商品自体変えたり」とお金をかけずとも試行錯誤することで、お客さんの反応を探ることができるのも無在庫転売の醍醐味ですよね。

商品リサーチ

無在庫転売の流れの1つ目は売れる商品を探す「商品リサーチ」です。

転売においては、このリサーチが利益を出すための重要な部分を、8割握っているといっても過言ではないくらい大事なので、この部分にしっかりと時間をかけましょう。

僕の教える無在庫転売の方法は「BASE」を使います。

▼BASE概要はこちらの動画をご覧ください。▼

BASEとは

「BASE」は、ものづくりを行う個人、ビジネスを展開する法人、地方自治体をはじめとする行政など、さまざまな方にご利用いただいているネットショップ作成サービスです。

簡単に言うと、「誰でも簡単にネットショップを立ち上げられるサービス」のことです。

BASEは誰でも簡単にネットショップを立ち上げられるサービスなのですが、ネットショップを立ち上げた当初は、誰もショップを見に来てくれません。
なので、売れる商品を探す前に、初期露出経路を決めなくてはいけません。
露出経路として利用できるのは、ブログやSNSなどの人の目に触れる場所です。

自分で売りたい商品のカテゴリに合った露出経路を選択して、そこから逆算して客層を絞りこみ、どういった商品を調べるのか決めていきます。

無在庫転売は、その性質上有名なプラットフォームであるメルカリなどを利用できないので、自分で見込み客を集めなくては行けません。

ソラ
すごく難しいことを言っているように感じるかもしれませんが、実はものすごく簡単です。具体例を聞くとイメージがわくと思いますので、僕が実際に今取り組んでいるカテゴリを例に解説します。

僕は最初に取り組むカテゴリを「レディースファッション」と決めました。

次に露出経路としてレディースファッションと親和性の高いInstagramを選択しました。

このようにBASEで人を集められなくても、インスタなどの既に人が集まっている場所を選択して、自分の店の商品をアピールすれば良いのです。

僕の場合はこれで、調べるべき商品はレディース系のファッションものと決まりましたので、それに最適な卸サイトをサイトを探す。ということになりました。

リサーチのポイント

・売りたい商品を決める
・初期露出経路を決める
・卸サイトを探す

▼無在庫転売に取り組む裏で、Instagramのフォロワーを増やすチャレンジもしてますので、気になった方はのぞいてみてください。▼

卸サイトを調べる

どんな商品を調べるか決まったので、実際に卸サイトをのぞいてみましょう。

ここでは、卸サイトを3つご紹介します。

ネッシー

まず1つ目は、卸サイトとして最も有名なネッシーです。

ネッシーを使う上での、メリット・デメリットについて解説します。

まず初めに、メリットは何といっても膨大な商品数です。「ないものはない」といってもいいくらいに様々な商品が存在しています。ここを調べておけば大抵のカテゴリはカバーできるので、転売を行うのであれば、登録しておきましょう。

実際に、Amazonや楽天市場に出品している商品をここから出している人は多いです。

デメリットは、人気が高くここから仕入れている人が多いので、商品のラインナップがほかのショップと被りやすいという点です。

商品が被るということは、どうしても価格競争になりやすいです。そうなると、体力のある相手には負けてしまいますので、できるだけみんなが知らないところで仕入れるのをおすすめします。

▼ネッシーのメリットデメリット

メリット デメリット
商品数が多い 人気No.1卸サイトなので、ほかの人と商品ラインナップが被る可能性が高い。
安心感がある 仕入れ先が韓国や中国なので、発送までに時間がかかる。

 

TOPWHOLE(トップホール)

2つ目はアパレル仕入れでおすすめNo.1のTOPWHOLE(トップホール)です。

トップホールは比較的新しめの、アパレル仕入れができる卸サイトです。

画像の二次利用OKで、受注後の発送ができます。

では、トップホールのメリット・デメリットを見ていきましょう。

まずメリットは、まだあまり知られていないという点。これにより、ほかのネットショップとは違ったラインナップにできるので差別化が図れます。

さらに、仕入れは韓国や中国なのですが、既に仕入れを行い国内の倉庫で在庫を確保しているので、発送がとても速いです。

また、おしゃれな商品が非常に多いです。ネッシーは数が多い分、あまりおしゃれではない商品が多いのも事実なので、厳選された商品を仕入れできるのは大きなメリットです。

ソラ
ネッシーには「なんだこれ?!し〇むらかよ?!」って思うような商品もたまにあります(失礼)

デメリットは、新しいアパレル卸サイトなので商品数もまだ少なく、安心感や実績もまだまだ足りないという点です。

もう1つのデメリットは、月額が3000円かかるという点です。転売を始めたての人にとっては3000円でも大きなものに感じることでしょう。

しかし、逆に考えれば月額がかかるので、多くの人は仕入れ先としては敬遠しがちということです。このデメリットをどう解釈するかは人それぞれですが、僕はチャンスとなる点だと思っています。

また、今だけ月会費が無料になるキャンペーンをやっているので、登録して出品してみて、あまり売れそうでなければやめてみるのもいいかもしれません。

▼トップホールのメリットデメリット

メリット デメリット
おしゃれな商品が多い 商品数や種類は少ない
知名度が低いので、他のショップとの差別化が図りやすい 実績や安心感が足りない
発送が早い 月額がかかる
TOPSELLER(トップセラー)

3つめはTOPSELLERです。


TopSeller(トップセラー)は、25万点以上の商品から好きな物を選んでネットショップで販売できるサービスです。

ドロップシッピング対応なので、商品は顧客に直接送られるため、在庫リスクも梱包の手間も極限まで省きます。

トップセラーのメリット、デメリットを見てみましょう。

メリットは、商品数が多く、ドロップシッピング対応なので赤字リスクがないということ。

また、ネッシーほど利用者がまだ多くはないのでお宝商品に出会える確率が高いです。

デメリットは、有料であることです。有料プランによって、選べる商品数が上下するので、ここも初心者には参入が難しいかもしれません。

トップホールと同じように、ほかのショップとの差別化をするためにあえて有料の卸サイトを使ってみるのもいいですが、転売になれてきてからでも遅くはないのであせらずに行きましょう。

▼トップセラーのメリットデメリット

メリット デメリット
商品数が多い 有料じゃないと選べる商品数が少ない
有料ということもあり、ネッシーほど利用者は多くないのでお宝商品があるかも ファッションは少し弱め。家電が強い。

卸サイトでのリサーチ方法

実際に卸サイトを使った商品リサーチをしてみましょう。

以下は、ネッシーで「韓国ファッション」と検索して出てきた商品です。

この際に注目すべきは、右の表にある「画像転載」と「消費者直送」という項目です。ここが×になっている商品は画像の二次利用ができないので、無在庫転売が不可能ということです。

誤って画像を勝手に使ってしまうと、著作権等に引っかかる可能性があるので注意してください。

また、消費者直送ができないと一度自分の自宅で商品を受けとってからになるので、無在庫転売のメリットをつぶしてしまうことになります。

僕は、初めて取引をする業者からの仕入れは、二度手間になりますが一度自分の自宅にて受け取り商品の梱包状態などを確認します。

それで問題がなければ、次回からは消費者直送という形をとります。

ソラ
ネットショップはお客様との信頼関係がとても大事なので、汚い段ボールや袋で商品を送ってくる業者との取引はできるだけ避けるようにしましょう。

商品リストを作成する

売れる商品を見つけたら、エクセルなどで管理をしましょう。

下の画像は、実際に僕が使っている商品管理用のリストです。テンプレとして使ってください。

画像が見えづらいといけないので、項目名を書いておきます。左から

  • 商品カテゴリー
  • 商品名
  • 商品URL
  • ネッシー値段
  • 送料
  • BASE値段
  • BASE値段
  • 利益
  • 利益率
  • クーポン適用後利益
  • 発送日数
  • 他ECサイトへの出品の有無

こんな感じで、地道に商品を調べてリストを拡充していきます。

売値の設定がわからない方は、利益率が20%前後になるように設定するといいでしょう。

また、この項目の中でも重要なのが「他ECサイトへの出品の有無」です。これが何かというと、具体的にはAmazonに出品されているかどうかのチェックです。

Amazonに先に出品されてしまっている場合、ほとんどのお客さんが怪しいネットショップよりAmazonでの購入を選択します。

相手が悪いと判断した商品は、出品を避けるようにしましょう。

ソラ
地味な作業なので、心が折れそうになるかもしれませんが、僕はアニメや映画、YouTubeを見ながら作業しているので楽しみながらやっています♪

出品

商品リサーチがある程度終わったら、出品してみましょう。

出品をしないといつまでたっても商品は売れませんからね。

ここではBASEを使った出品のやり方を解説します。

BASEでの出品は簡単3ステップ!

1.商品管理をクリック

2.商品を登録するをクリック

3.必要情報を入力して出品する

商品名、商品画像、商品説明文、価格、在庫数がデフォルトでの入力項目ですが、カテゴリもつけてあげると、商品を探しているお客さんもわかりやすくて助かると思います。

しっかりと商品をカテゴリ分けしましょう。

※カテゴリはBASE内のAppsで追加可能です

出品が完了したら、各種SNSなどの露出経路で商品を入荷した情報を配信しましょう。

発送

これに関しては、あまり解説することもないのですが、発送に関する注意点をいくつか挙げておきます。

発送を行う際に注意すべき点は

  • 商品間違いがないようにすること
  • 住所間違いがないようにすること
  • 発送漏れがないようにすること

この3つの注意点は1つでもミスがあると、赤字につながってしまう可能性がある点なので、しっかりと確認してから発送作業を行うようにしましょう。

初心者でも稼げる?今からじゃ遅い?

副業に関する情報発信をしているので、この手の質問が非常に多く寄せられるのですが、これに対する僕の回答は「わからない」です。

僕がいくら稼げる方法を教えたところで、その人が全く行動しなければ稼げないのに「必ず稼げるよ!」なんて、無責任なことは言えません。

ただ、無在庫転売は損をするリスクがほぼないので稼げるかどうかは行動量次第だと思います。

また、厳しいことを言うようですが、僕は転売で数字が出せない人はほかの副業やビジネスをやっても数字を出すのは難しいと思います。なぜなら、転売が一番副業の中で簡単だからです。いろんな副業を体験した僕が断言します。

なので、「初心者でもできる?」とか「今からじゃ遅い?」とか聞いてる暇があるなら、1つでも多く商品を調べて出品しろ!です。

逆に言うと、やった分だけすぐに数字が出やすいのも転売の魅力なので、数字が出るまで粘りましょう!

初めて物が売れたときの喜びを皆さんにも味わってほしいです。

無在庫転売で稼いだ後は

無在庫転売が安定してくると、なにか他のビジネスや副業を始めてみたくなるはずです。

僕がおすすめしているのは、「投資」です。

勿論いきなり難しいFXなどを始めろとは言いません。

僕が、皆さんにおすすめしているのは「ロボアドバイザー」という投資方法です。

大きな利益は得られませんが安定した利益を得ることができるので、無在庫転売で稼いだお金を毎月積み立てるのをおすすめします。

▼ロボアドバイザーの詳細はこちら▼

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事