ピックアップ記事

「自分でネットショップを開設したいけど、やり方がわからない」

「ネットショップって難しそうだし、すごくお金がかかりそう」

そう思っている方は多いと思います。ですが、そんなことはありません。

ネットショップを立ち上げるのはとても簡単です。

この記事では、ぼくも実際に使っているネットショップのサービスについてわかりやすく解説していきます。

ソラ
この記事を読めば、あなたも今すぐに無料でネットショップを始めることができます!
この記事でわかること
・フリマサイトとネットショップの比較
・ネットショップのメリット・デメリット
・ネットショップを開設するのにおすすめの場所
・ネットショップの開設方法

フリマサイトとネットショップの比較

通常であれば、物販や転売をするのであれば簡単に始めることができる“メルカリ”や“ヤフオク”を選択する人は多いでしょう。

では、なぜ僕がメルカリやヤフオクではなくネットショップで物販を行っているのかを、フリマサイトとネットショップの比較をしながら解説します。

フリマサイト ネットショップ
無在庫転売 できない できる
手数料 高い 低い
集客 簡単 難しい
利益率 低い 高い
デザインの自由度 低い 高い
突然の規制 ある ない

比較表では、メリットとなる部分をピンク、デメリットとなる部分を水色にしました。

ソラ
僕がフリマサイトでなくネットショップ開設に踏み切ったのは、上記のようにフリマサイトとの比較をした際に、ネットショップでのメリットのほうが多かったからです。

ネットショップのメリット・デメリット

ここからは、先ほど比較表で記載したネットショップのメリット・デメリットを詳しく解説します。

メリット
  • ①:無在庫転売ができる
  • ②:手数料が安い
  • ③:利益率が高い
  • ④:デザインの自由度
  • ⑤:基本的に規制がない
デメリット
  • ①:集客が難しい
  • ②:仕入れ先の在庫確認が大変
  • ③:固定費用が掛かる場合がある

メリット①:無在庫転売ができる

物販初心者にとって最大のメリットは何といってもこれでしょう。無在庫転売ができるということは、商品が売れてから仕入れを行うので、赤字になるリスクがありません

ネットショップを始めたばかりのころは、運転資金が少なく仕入れをする余裕がありません。しかし、無在庫転売であればそれらの問題が解決できます。

ソラ
副業初心者にとって、赤字リスクがほぼ0というのはとても魅力的ですよね。

メリット②:手数料が安い

フリマサイトに比べて、自分でネットショップを開設した場合は手数料がとても安いです。

また、フリマサイトでは一般的に送料も出品者が負担するのが当たり前になっているので、手元に残るお金は少なくなってしまいます。その点、ネットショップは自分だけのお店なので送料も自分で決めることができます。

フリマサイトとネットショップの手数料を見てみましょう。

▼フリマサイト手数料

フリマサイト 手数料(販売手数料)
メルカリ 10%
ラクマ 3.5%
ヤフオク Yahoo!プレミアム会員:8.64%

Yahoo!プレミアム会員以外:10%

自分でネットショップの構築ができる人は、クレジットカード決済導入の3~4%で済みますが、この記事ではネットショップを簡単にだれでも作成できるプラットフォームを使った場合の手数料で見ていきます。

▼ネットショップ手数料

ネットショップ 手数料
BASE 簡単手数料(3.6%+40円)+サービス利用料(3%)=6.6%+40円
STORES 決済手数料5%
Shopify 2.0%~3.9%

表を見てもらうとわかるように、ネットショップのほうが明らか手数料が低いです。同じくらい商品を売っても、手元に残るお金が少ないと嫌ですよね。

長く物販をしていくつもりなら、絶対にネットショップのほうがおすすめです。

ソラ
月間100万円の売り上げをつくる力があるとしたら、使うサービスによって月最大5万円以上も手数料によって違いが出ることになります。

メリット③:利益率が高い

フリマサイトで商品を売っていると、競争相手が多い分どうしても価格競争に陥りやすいです。

しかし、ネットショップであれば店を出して商品を置いているのは自分だけなので、お客様が比較すべき対象がありません。

また、個人のネットショップを利用する人の多くは安く買いたいというよりは、他には無い可愛い商品が欲しいなど価格以外で購入を決定するケースが多いです。

なので、価格競争になりにくく利益率を高く維持することができます

ソラ
フリマサイトは安いというイメージがついてしまっている分、大きな売り上げを上げるには不利な場所になってしまっているということです。同じ売上を作るには、フリマサイトでは倍以上、商品を売らなくてはなりません。

メリット④:デザインの自由度が高い

メルカリなどのフリマサイトで商品を検索しても、無機質な商品画像が並べられただけで気になるのは商品情報と出品者の評価、価格だけです。

それに比べてネットショップでは、デザインを自由に作成できるので価格以外で勝負をすることができます。

▼メルカリ

▼ネットショップ

メリット⑤:規制がない

メルカリやヤフオクでは、利用規約の見落としなどで突然のアカウント停止をくらう可能性があります。

それまで、頑張って評価を溜めて購入者との信頼関係を築いてきても規制1発ですべてパーです。

しかし、ネットショップであれば法律が変わるなどの大きな規制がない限り、自分の好きなように商品を販売することができます。

勿論、使用するプラットフォームごとに利用規約は存在しますが、フリマサイトのように厳しいものではありません。

デメリット①:集客が難しい

ネットショップはメリットばかりではありません。

メルカリなどのフリマサイトのように出品すれば見てくれる人がいる状態ではないので、手入れをしながら集客を行わなくてはいけないというデメリットもあります。

ネットショップで集客をするには、SNSを利用するのがおすすめです。

私はレディースのアパレルショップを運営していますが、集客の大半を占める経路がInstagramです。

集客が大変ではありますが、SNSなどを活用することにより自分のショップのブランド化や根強いファンの獲得ができるので、悪い部分ばかりではありません。

ソラ
僕のようにSNS集客の戦略をたてて、フォロワー数を増やしたりするのをゲーム感覚で楽しめる方にはネットショップがおすすめです。

デメリット②:仕入れ先の在庫確認が大変

おそらく、多くの人はネットショップを始めるときに無在庫転売方式を採用するでしょう。

そうなると厄介なのが、仕入れ先の卸サイトの在庫確認です。

出品する商品が増えてくると、すべてを一人で管理するのは大変難しくなります。

商品が売れた後に在庫を確認したら、在庫が0になっていて泣く泣くお客様にキャンセル通知を送らなくてはいけないという場合が多々あります。

在庫の革新的な管理方法を考え出すのもネットショップ運営者の腕の見せ所ですね。

デメリット③:固定費用が掛かる場合がある

皆さんがネットショップをどこで開設するかはわかりませんが、場合によっては月額で固定費がかかる場合があります。

商品が売れるかもわからないのに固定費がかかるのは馬鹿らしいですよね。

固定費がかかるプラットフォームにはそれなりのメリットがありますが、まずはBASEなどの固定費がかからないネットショップで始めて、集客の強いチャネルを確保できたら手数料の安いプラットフォームに移動するというのがおすすめです。

ネットショッププラットフォーム比較

ネットショップには、カート型とモール型があります。

モール型は、Amazonや楽天市場などを想像するとわかりやすいかと思います。

カート型は、自分だけの個人ショップを開けるイメージです。

ネットショップを誰でも簡単に開設できるプラットフォームは様々ありますが、その中でもカート型のプラットフォームで有名どころを3つピックアップしました。

聞いたことある人も多いのではないでしょうか。しかし、どれを選べばいいかわからないと思いますので、ネットショップを運営するうえで大切な項目ごとに比較をしましたので、見てみましょう。

サービス名 BASE STORES.jp Shopify
初期費用 0円 0円 0円
月額費用 0円 0円
※月額980円のプレミアムプランがある
29~299ドル
販売手数料 ※サービス利用料3% 0円 0円
クレジットカード手数料 3.6%+40円 5% 3.25~3.9%
商品登録数 無制限 無制限 無制限
デザインテンプレート 無料11種類
有料27種類
無料30種類
プレミアムプラン48種類
無料70種類以上
独自ドメイン △(プレミアムプラン)

初心者がネットショップを始めるなら、BASEかSTORES.jpがおすすめです。

手数料の安さなどを考えるとSTORESを選択したいところですが、有料プランをに加入しないといろいろと制限があることを考えると、まずは完全無料で始められるBASEで始めてみるのがおすすめです。

ネットショップの開設方法

ここからは、僕も実際に使っているBASEでのネットショップ開設方法について解説します。

まずはBASEにアクセスします。

アクセスしたら、サイト右部にある欄にメアド、パスワード、ショップのURLを入力します。

ショップのURLはショップ名と同じものをおすすめします。ショップ名は一度聞いたら忘れないような名前にしましょう。

ショップの開設が完了したら、誓約書に同意にチェックを入れて「上記に同意する」をクリック。

アカウントの登録が完了したら、以下の5つの手順を進めます

1.アカウントメール認証

先ほど登録したメールにBASEからメールが届いていますので、メールに記載されたURLをクリックしてメール認証を行いましょう。

2.特定商取引法に基づく表記の入力

メールの認証が完了したら、特商法についての情報を入力します。必要な項目は以下の通り。

  • 区分(個人か法人)
  • 氏名
  • 住所
  • 携帯電話番号(電話番号認証アリ)
  • 営業時間・定休日
  • 販売価格について
  • 代金(対価)の支払方法と時期
  • 役務または商品の引渡時期
  • 返品についての特約に関する事項

特に無在庫転売を行うのであれば、仕入れ先が中国などになることが多いです。中国からは商品の発送がものすごくかかる場合がありますので、「役務または商品の引渡時時期」の項目には長めに商品発送の日数を記載しておきましょう。

3.決済方法の選択

BASEかんたん決済の利用申請を行うと、基本的な支払方法はすべて使用可能になります。

「BASEかんたん決済」利用申請をクリックして次にすすみましょう。

あと払い決済導入には審査が必要となります。最初のうちから導入する必要はないので、チェックを外しておきましょう。

屋号、氏名のカナや、生年月日、ショップのカテゴリを選択したら保存するをクリックします。

※屋号はショップ名と一緒で大丈夫です。

4.商品登録

既に商品のリサーチが完了している人は、さっそく商品の登録をしていきましょう。

5.ショップの公開設定

商品登録が完了したら、ショップの公開設定に進み「公開する」にチェックをいれて保存するをクリックしたら、あなたのネットショップは完成です。

最後に

この記事では、以下のことについて解説しました。

この記事でわかること
・フリマサイトとネットショップの比較
・ネットショップのメリット・デメリット
・ネットショップを開設するのにおすすめの場所
・ネットショップの開設方法

ネットショップはサイト運営の知識がつくだけでなく、人にものを売るために試行錯誤してあれこれ考えるのがとても楽しいです。

やることはただの転売よりは非常に多く大変ですが、商品が売れたときの喜びはフリマサイトとは比べ物になりません。

ソラ
副業で、「転売をやってる」と言うよりも「ネットショップを運営している」というほうが後ろめたさもなく、なんだかカッコいいですよねw。
この記事が少しでも多くの人の役に立てたらいいなと思っています。
ネットショップ運営には、クレジットカードの存在も欠かせないです。
転売・せどりをするうえでおすすめのクレジットカードについても記事にしていますので、もしよかったらそちらも読んでみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事