ピックアップ記事

アミ
突然ですが、ロボアドバザー始めます。

ソラ
?!突然だね(笑)どうして始めようと思ったの?

アミ
ソラ君とこのブログでいろんな「投資」や「副業」について勉強しはじめてから、私も何か始めたいってずっと思ってて、、、『ロボアドバイザー』が一番始めやすいなと思ったから!!

AIが自動でポートフォリオ(資産内訳)を作成し、運用してくれるロボアドバイザー

専門的な投資の知識や現在の経済情勢を知らなくてもおまかせで運用できますし、少額から始められることも利点ですね。

以前このブログでは、ロボアドバイザーの始め方に関する記事を作成しましたので、まだ読まれてない方は先にそちらをご覧ください。

▼ロボアドバイザーの始め方▼

初心者でも簡単に始められることが魅力の一つでもあります。

当ブログのイラストレーターを担当してくれているアミが実際にロボアドバイザーを始めて、その結果を毎週レポート形式にして発表していきます。

4つのロボアドで検証

「ロボアドバイザーって本当に儲かるの?」「たくさんロボアドバイザーあるけどどれが一番儲かるの?」

そう思っている方もたくさんいるかと思います。そこで!僕のブログで紹介したことのある「ロボアドバイザー」を投資初心者のアミが運用して、その結果をこのブログ上で報告することによって、ロボアドバイザー始めるか迷っている人の背中を押してあげることができればいいなと考えています。

ソラ
実際の運用結果を見てから、ロボアドバイザーを始めるか判断することをおすすめするよ!
  • THEO(テオ)

  • folio(フォリオ)

  • WealthNavi(ウェルスナビ)

  • 楽ラップ

それぞれで10万円の資金による運用状況をレポートしてみることにいたしました!当ブログでは2019年8月1日からの運用報告をしていきたいと思います。

ロボアドバイザーは年収や資産等を入力するだけで最適な運用方針を示してくれる機能がありますし、大まかな運用方針から選択することもできますね。

選択肢は各ロボアドバイザーによって多少異なりますが、今回は選択肢のうち最も中間的な方針「堅実さを保ちつつ・ある程度のリターンを狙う運用」を選択しました。

ロボアド運用方針

各ロボアドバイザーで選択した運用方針は以下のとおりです。

  • THEO(テオ) ~ 選択運用方針「安定性重視」

※「グロース」…成長企業に投資し、株価の値上がり益によるリターンを狙うもの。

「インカム」…国債や投資信託での運用益によるリターンを狙うもの。

「インフレヘッジ」…値動きの少ない現物資産を中心に資産価値を担保するもの。

「投資適格債権」…信用格付けが高いが低利回りな債権のこと。

「ハイイールド債権」…信用格付けが低いが高利回りな債権のこと。

「リート」…不動産賃貸料や売買益による配当を得るもの。

「コモディティ」…貴金属(金、銀等)や、石油、穀類などの現物商品に投資するもの。

 

  • folio(フォリオ) ~ 選択運用方針「バランス運用プラン」

 

  • WealthNavi(ウェルスナビ) ~ 選択運用方針「リスク許容度3/5」

 

  • 楽ラップ ~ 選択運用方針「やや積極型」

作成された各ロボアドバイザーのポートフォリオを大まかに見ると、約半分が株式への投資、約4割を国債や投資信託への投資、残りを現物資産への投資としているようですね。

ロボアドバイザーはある程度長期的に運用していくものです。そして、既存銀行の定期預金や金融商品よりはリターンが大きく、好況ならリターンは大きいけれど逆に振れると大きく資産を減らしかねないハイリスク金融商品よりは安全なところを狙っていくわけです。

<例>ウェルスナビの過去分析と将来予想画面

まとめ

やはり投資で一番重要なのは「資産を減らさないこと」。派手さはありませんが堅実に資産を増やしていくには、ロボアドバイザーはうってつけだと思います。

とはいえ、日々変化する世界情勢とそれに伴う経済の動向は予想することはできても実際どうなるかは…誰にも分りません。

運用レポートの報告の仕方としては、各種ロボアドバイザーの「週間報告」と月末にそれらをまとめて振り返る「月間報告」で行いたいと考えています。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事