ブログランキングに参加中🎶

[仮想通貨]PacCoin(パックコイン)とは?ついにサトシ・ナカモトの顔が判明!?

ソラ

今日の記事はPacCoin(パックコイン)についてです!
 

パックコイン(PacCoin)とは?

2017年の秋に開発陣が一新され、現在コミュニティも大変盛り上がっています。(開発陣変わるコイン多くね?)

昨年の12月から約1ヶ月でその価格が50倍以上に跳ね上がり一気に知名度も上がりました!

パックコイン(PacCoin)の概要

誕生 2013年
創業者 William Corliss氏
通貨名 PacCoin
通貨略号 PAC
発行枚数 3.3兆枚(HF後枚数が大幅に減少予定)
取引所 オススメはYobit
公式サイト こちら
コミュニティ こちら

 

BitCoinとの比較

 

2018年3月1日ハードフォーク

1.発行枚数 約3兆枚→1000億枚
※発行数の変化による既存のpaccoinの価値への影響はないので注意

2,トランザクションスピードが向上

3,スケールの改善によって、取引の利便性が向上

 

恐らく、いまPacCoinが巷で噂になっている理由の大部分がこの

「ハードフォークによる発行枚数の大幅な減少」→「価格が大幅に上昇する」

これを見込んでのものなのでしょう。

 

ついにサトシ・ナカモトの顔が判明!?

私がパックコイン(PacCoin)本来の性能やハードフォークのことよりも

目を引かれた情報がありました。

それは何かと言うと、、、

きなこさんという方がPacCoin公式の2017年1月6日発表資料を
日本語訳したものをツイートしてくれたものの中にあります

この4枚画像があるうちの右下の男の人が写ったものです。

 

↑こちらがその画像です!

「ビットコインは革新的な技術をもとにし、革命的なビジョンを追いかけてる」

ーブロックチェーンの生みの親「サトシ・ナカモト」

 

サトシ、、、ナカモト、、、?

どこかで聞いたことある、、、

「サトシ・ナカモト」とは?
サトシ・ナカモト(ラテン文字表記: Satoshi Nakamoto)は、ビットコインプロトコルと、そのリファレンス実装であるBitcoin Core (Bitcoin-Qt) を作ったことで知られる人物の称する氏名。 本名であるか、そもそも個人であるかどうかを含め、正体は不明。

!?!?!?!?!?

ビットコイン作った人じゃね!?

こんな顔してたのか〜

 

嘘か誠かはわかりませんがツイッターを見た感じだと

どうやら本人ではないらしいですね(笑)

まあ、ビットコインが生まれてから何年間も正体不明だった人が

いきなり違うコインの発表でその素顔を晒すのもすごく不自然ですもんね。

 

 

まとめ

このコインを調べてみての私個人の感想は

3月のハードフォークを見越して仕込むのは面白そうだなとは思いました。

しかし、きなこさんの和訳されてた画像を見たり、公式サイトを見た感じでも

「こんなことに使えるんだ!へー便利じゃん!」とは、ならず

あまりぱっとしない印象を受けました。

もちろんそれは私がただ単にバカだから理解できでないだけかもしれません。

調べて見て、将来性を感じた方は買われてみるのも良いかと思います!

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください