ピックアップ記事

こんにちは!ソラです!

ロボアドバイザーの運用二週間目。世界同時株安以降、底は見えたように思えますが、回復の決め手もないままのような感じがします。何か明るいニュースが欲しいですねぇ…。

というわけで、「楽ラップ」についての今週の運用報告です!

▼先週の週間報告はこちら▼

この記事でわかること
・楽ラップの運用概況
・楽ラップの運用詳細
・まとめ

楽ラップの運用概況

楽ラップの運用概況は以下のとおりです。

評価額 損益(開始から) 損益(前週比)
\100,171 \220(0.22%) \286(0.29%)

楽ラップの今週の運用結果は220円(前週比+286円)となりました。前週のわずかな減益から286円の増益となりました。

良い形でスタートを切った楽ラップですが、その後も着実な運用で増益になっているようですね。

なお、評価額では4つのロボアドバイザー中で二位のウェルスナビを大きく引き離して不動の第一位(唯一の増益)です。

楽ラップの運用詳細

楽ラップの運用の詳細を見てみます。

楽ラップの内訳で見ますと、開始以降でも対前週比でも国内株式が減益以外はすべて増益となっています。

それでは、内訳をみていきます。先週報告したとおり、楽ラップは買い付け時期にズレがあるため、最初に買い付けられた時点の額を運用開始額として見てみます。

<株式詳細>

株式は、損益額計-1円(前週比+83円)になりますが内訳は以下のとおりとなります。

  • 「国内株式」 -245円(前週比-161円)
  • 「外国株式」 +244円(前週比+244円)

国内株式は減益、外国株式は増益となっています。

<債権詳細>

次に債権です。損益額計+146円(前週比+155円)となり、内訳は以下のとおりです。

  • 「国内債権」 +37円(前週比+46円)
  • 「外国債券」 +109円(前週比+109円)

債権は国内、外国ともに増益となっています。

<安全資産詳細>

最後に安全資産のリートです。損益額計+2,071円(前週比+2,047円)となっています。

いきなり額が増えているので確認したところ、資産内訳のうち現金部分から1,999円分の先進国リートが購入されているのがわかりました。

ちなみに、今回購入部分の1,999円を除いて計算すると、リートの損益は損益額計+72円(前週比+48円)となります。

  • 「REIT(リート)」 +2,071円(前週比+2,047円)

なお、特に先週も説明では触れませんでしたが、楽ラップの資産内訳には「現金」という区分があります。これは、運用を円滑に行うための手数料や、今回のように必要に応じて投資を行うために利用されるもののようです。

まとめ

スタートが好調でしたから、今のところロボアドバイザーの中で先頭を行く楽ラップ。内訳をみても堅実に運用されている印象を受けます。

このまま先行逃げ切りなるか?!…いや、競輪競馬じゃないですね(苦笑)冗談はさておき、確実に運用されて資産を増やしていってくれることを期待しつつ、運用状況を見ていきたいと思います!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事