ブログランキングに参加中🎶

[仮想通貨]国内取引所一覧とコインチェックの紹介

この記事は仮想通貨を購入する時などに使用する取引所についての記事です。

当記事では、日本国内の取引所についてまとめていきます!

 

仮想通貨取引所とは?

そもそも仮想通貨の取引所とは、仮想通貨を買いたい人と売りたい人をマッチングさせる仲介サービスのことです。

取引所は、「買う人」と「売る人」の両者から取引手数料をもらい利益を上げることで成り立っています。

 

販売所との違いは?

取引所では仮想通貨を「売りたい人」から仮想通貨を購入する形をとっているのに対し

販売所ではコインチェックなどが「売店」となって我々に仮想通貨を売る場所で

「販売所」とはそれらのことを指します。

 

取引所と販売所の見分け方

見分け方はとても簡単で、自分で価格を指定して「売買」できるかどうかです。

 

取引所・販売所のメリットデメリット

・取引所のメリット

→売り買いの需要と供給が合えば成立するので指値注文(価格を指定した注文)が可能。(安い購入・高い売却)

・取引所のデメリット

→売り買いの需給が成立しなければ(他者とッチングしなければ)指定の量はおろか、少しも売買できないことがある。

 

・販売所のメリット

→いつでもすぐに売り買いが定した量で可能。

・販売所のデメリット

→販売所よりも割高。(取引所が販売手数料を上乗せしている場合がある為。)

→「買いたい値段」の指定ができない

 

 

これらのメリット・デメリットを理解した上で、取引所と販売所の使い分けができると良いですね!

 

 

国内取引所一覧

一概に取引所といっても、日本国内でも20社以上の取引所があります。

(調べて初めて、そんなにあるのだと知りました)

私はKrakenなんか名前的に海外取引所だとずーっと思ってました(笑)

一覧表はこちら

bitFlyer 公式サイト
coincheck 公式サイト
Zaif 公式サイト
bitbank 公式サイト
BITPOINT 公式サイト
SBIバーチャルカレンシーズ 公式サイト
BTCBOX 公式サイト
GMOコイン 公式サイト
QOUINEX 公式サイト
Kraken 公式サイト
みんなのビットコイン 公式サイト
FISCO 公式サイト
BitTrade 公式サイト
FIREX 公式サイト
Lemuria 公式サイト
BMEX 公式サイト
Bitgate 公式サイト
Xtheta 公式サイト
ARG 公式サイト

 

coincheck

数ある仮想通貨取引所の中でも私がずーっと愛用している取引所がコインチェックです。

 

coincheckの概要

運営会社 コインチェック株式会社
代表取締役 和田晃一良
設立年月日 2012年8月28日
取引所サービス開始日 2014年11月5日

 

取扱通貨

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. イーサリアムクラシック(ETC)
  4. リスク(LISK)
  5. ファクトム(FCT)
  6. モネロ(XMR)
  7. オーガー(REP)
  8. リップル(XRP)
  9. ゼットキャッシュ(ZEC)
  10. ネム(XEM)
  11. ライトコイン(LTC)
  12. ダッシュ(DASH)
  13. ビットコインキャッシュ(BCH)

全13種類

アプリが使いやすい!

coincheckと言えばタレントの「出川さん」のCMですっかりお馴染みの取引所。

 

その魅力は何と言ってもスマホ向けのアプリの使いやすさにあると思います。

投資初心者だった私でもすぐに扱いになれることができました!

ただ、アプリを使う点で一つ注意点があります。

このスマホ向けのアプリは取引所というよりは販売所のような仕様になっており

指値などができなくなっています。

自分の指定した値段でコインを売買したい場合は

SafariなどのWebからログインして

ここをタッチすると

こんな画面に行けるとおもいます。

ここだと自分の指定した値段での注文(指値)が可能です。

(基本的に指値できるのはBTCのみのようです。)

 

結果的にコインチェックの話ばかりになってしまいましたが

他の取引所もこれから使っていきたいと思っているので

随時、追記していきたいと思います!

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

コインチェックの登録はこちらから
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください