ピックアップ記事

皆さん、こんにちは!ソラです!

ロボアドバイザー運用開始から三週間が経過しました。世界情勢は・といえば、米中貿易戦争とか日韓関係の悪化とか…何かと目まぐるしい状況ですね。あまり運用に影響が出ないことを祈るばかりです。(汗)

それでは、「テオ」についての一週間の運用報告を行います!

▼先週のテオの報告記事はこちら▼

この記事でわかること
・テオの運用概況
・テオの運用詳細
・まとめ

テオの運用概況

テオの運用概況は以下のとおりです。

評価額 損益(開始から) 損益(前週比)
\97,964 \-2,036(-2.04%) \1,622(1.68%)

テオの今週の運用結果は-2,036円(前週比+1,622円)でした。前週と比べると大幅に増益となり、減益幅が縮小してきました!

開始以来一番結果の良くなかったテオですが、ポートフォリオの利点が効き始めたのでしょうか、ここへきて結構大幅に戻ってきてくれました!

今週の結果を受けて、4つのロボアドバイザー中で評価額順位第二位となり、開始以来の最下位から脱出成功です!

テオの運用詳細

テオの運用の詳細です。

主に株式など以前減益のものもありますが、増益のものも増えてきました。前週比では全て増益になっています。では、詳しく内訳をみていきます。

<グロース詳細>

株式が中心の「グロース」ですが、損益額計-1,836円(前週比+741円)です。やはり全体の損益に対する影響はもっとも大きいですね。

  • 「米国の割安株」 -605円(前週比+341円)
  • 「新興国全体の株式」 -535円(前週比+154円)
  • 「ユーロ圏の大型株」 -342円(前週比+106円)
  • 「アジア太平洋地域の先進国の大型・中型株」 -354円(前週比+140円)

損益としてはマイナスですが全て先週と比べて増益となっており、減益幅が縮小しています。

<インカム詳細>

次に、債券が中心の「インカム」です。損益額計-17円(前週比+640円)です。

  • 「米ドル建ての投資適格債」 +140円(前週比+487円)
  • 「米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債」 -170円(前週比+132円)
  • 「米国を除く先進国の国債」 +13円(前週比+21円)

「米ドル建ての残存期間0-5年のハイイールド社債」は損益がマイナスですが、残り二つは増益に転じました。先週と比べると全て増益となっています。

<インフレヘッジ詳細>

最後にインフレヘッジです。損益額計+153円(前週比+241円)です。

  • 「米国1-5年の物価連動国債」 -51円(前週比+63円)
  • 「金(現物)」 +214円(前週比+13円)
  • 「米国のリート・不動産株」 +139円(前週比+113円)
  • 「コモディティの先物」 -149円(前週比+52円)

損益としては「金(現物)」と「米国のリート・不動産株」は増益、「米国1-5年の物価連動国債」と「コモディティの先物」は減益なのは先週と変わらずですが、これらも前週比はすべて増益となっており減益幅が縮小しています。

まとめ

開始から最下位だったテオが、かなり躍進しましたね。損益評価額は第二位ですが、先週からの内容は四つのロボアドの中で一番好調な結果でした。

この好調のまま行ってくれれば一番ウレシイのですが…こればかりは経済の動き次第ですよね。世界平和が一番!!(笑)それでは、また来週!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事