ブログランキングに参加中🎶

[仮想通貨]仮想通貨で儲けた人は不幸になる?

結論から先に言います。

仮想通貨で儲けた人の全員が必ず不幸になるわけではありません。

私が言いたいのは、その可能性もあるということを頭に入れながら

仮想通貨投資をするべきだと、そう言いたいのです。

 

仮想通貨は宝くじと同じ?

宝くじに当選した人の9割が不幸になると言われているのは皆さんご存知でしょうか?

ネットなどで検索してみてください「宝くじ」と検索すると幸せな話よりはるかに多くの不幸になった話が出てくるはずです。

その原因とされていることが3つあります。

宝くじが当たった人が不幸になる3つの原因

1.生活水準を変えてしまう

宝くじを当てて大金を手にしてしまうと、贅沢な暮らしをついついしがちです。

生活水準を上げるのは簡単ですが、一度上げた生活水準を落とすのは、心理的に非常に難しいと言われています。

そのため多くの宝くじに当たった人が維持できないような生活水準を保とうとして、結果として自己破産してしまうという話をよく聞きます。

2.仕事を辞めてしまう

「高額宝くじに当選した人の7割の人が会社を辞めてしまう」といったデータがあります。

楽してお金を手にしてしまうと、働くのがバカバカしくなるのでしょう。

「こんなにお金があるんだし、あとは働かなくて大丈夫だろう」とそんな甘い考えで会社を辞めたり

しっかりとしたビジョンも立てずに企業をしたり。

当たり前のことですが、別に宝くじが当たったからといってそれはお金を稼ぐノウハウを手にしたわけではないのに会社を辞めてしまってはお金は減る一方ですよね。

3.根拠のない自信から天狗になる

宝くじに当たるというのは、ものすごく低い確率の中から選ばれるという事で確かにすごい事です。

しかし、だからと言って「自分は選ばれしものだ」とか「今ならなんでもできる気がする」

そんな勘違いをしてしまう人がいるわけですね。

あくまで宝くじに当たるというのは「運が良かった」それ以上でもそれ以下でもありません。

その傲慢さが原因となり、「人間関係のトラブル」にもつながりかねません。

 

 

以上、3つの点を書きましたがこれは宝くじだけではなく、「仮想通貨投資で儲けた人」にも言えるのではないでしょうか?

中にはもちろんしっかりと研究して「儲けるべくして儲けている人」もいます。

しかし、その反面たまたま儲けたり、たまたま人より早く仮想通貨のことを知っただけなのに「仮想通貨投資をしない人」のことを「底辺養分」などの汚い言葉を使って罵っている人なども見受けられます。

それはさすがに言い過ぎなんじゃないかな〜と思いますけどね(^_^;)

 

 

仮想通貨で儲けても不幸にならないためには

実は宝くじで1000万円以上が当選した人に対しては、換金の際に「【その日】から読む本」という本が配布されているそうです。
これは宝くじが当たった人に対して心構えや「するべきこと」「してはいけないこと」などが書かれた冊子でとにかく冷静になること」ということが一貫して書かれているそうです。

仮想通貨で儲けた人にも言えることは一緒で、まずは冷静になりましょう。

仕事を辞めるにしても、新しい事業を始めるにもしっかりとしたビジョンを持って臨むようにすれば不幸になることはないと思います!

 

まとめ

「仮想通貨バブル」と言われている昨今、多くの人が仮想通貨に夢中になる一方で、「その裏にはこんな危険も潜んでいるよ!」というのを多くの人に理解してもらえればと思いこの記事を書きました!

しっかりとしたビジョンを持って臨めば「お金持ち」になって「幸せ」になれる、またとないチャンスであることも事実ですので、くれぐれも皆さん投資をして儲けてしまった場合は「冷静」になりましょう。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.