ブログランキングに参加中🎶

下げ相場で狼狽売りをしないためのポイント

中国の規制の話が出てから、ものすごい勢いで市場からお金が抜けて行きましたね。昨日は現実から目をそらして自分のロードマップなんか書いたりしちゃって完全に現実逃避してました。しかし、いつまでも現実から目をそらしていても前には進めないので前を向きます(キリッ)

 

狼狽売りをしないためには

2016年に仮想通貨を知り、市場を一年以上見てきた私なりの「市場の流れに流されて狼狽売りをしない」ためのポイントをいくつかご紹介します。

理想

  1. ターゲットプライスを決めて達したら利確をする
  2. 下げ材料になりそうな情報をいち早く入手する
  3. 買い増し余力(フィアット)を残しておく
  4. 損切りする価格を決めておく

仮想通貨投資を長くしている人や、その他の投資をした事のある人はこの四点を当たり前のように守っていて、「なんだよ当たり前のことじゃん」と思うかもしれません。ですが、仮想通貨投資をしている私を含めた大部分の人が「投資」は仮想通貨が初めてという人が多いので、これらの点がなかなか出来ずにメンタルをやられて売ってしまう人が多いと思います。

では狼狽売りをしないための理想に近づくためにはどんなところに気をつけて投資をすれば良いのでしょうか、、、

私が自分ルールとして設定しているポイントを紹介します。

自分ルール

  1. チャートを見ない
  2. 違うビジネスをする
  3. 分散投資をする(株やFXなどなど)
  4. 余剰資金で投資をする

長期投資を決め込んでガチホールドをしている人は1番のポイントが出来ている方が多いです。自分の投資する仮想通貨をしっかりと調べて確信に近いものを得てから投資をしているからですね。逆に狼狽売りをしてしまう人の多くは4番のポイントが守れてない方が多いように感じます。

生活資金を削ってまで投資をすると値動きに敏感になり絶対に狼狽売りをしてしまいます(経験者は語る)

それに仮想通貨だけを収入源にしようとするとどうしても視野が狭くなりがちです。仮想通貨を購入したら忘れてチャートを見ないようにするためにも、趣味に没頭したりその他のビジネスを開拓したりなどして見ても良いかもしれませんね!

 

まとめ

狼狽売りをしないためのポイントや、私なりの自分ルールを紹介しましたがまとめると「余剰資金で投資をして、株などの他の投資先にも分散投資をすることで買い増し余力を残しておく!」

株式などに分散投資をしなくても仮想通貨を買い増しするための日本円を残しておくことで、下げ相場が辛いものから少しだけ楽しいものになりますよw

以上!下げ相場で狼狽売りをしないためのポイントでした!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.