ブログランキングに参加中🎶

ethOSが動かない原因について再考察してみた

ソラ

みなさんこんにちは!今日の記事はつい最近追加購入したethOSが動かなかった原因について再考察した内容をまとめたものです。(あくまで私個人の考察なので参考程度にお願いします)

関連記事はこちら↓

【マイニング】ethOS 赤い目のヤギが訪れた

 

今回のエラーについて

新規にOSを購入し設定等々、セッティングが完了したのでマイニングを開始しようとしたところ

上の画像にあるようなエラーメッセージが出ました。

 

エラーコードについて調べてみた

・一行目「JSON-RPC problem」について。

JSON-RPCとは

JSONというエンコーダ(というかテキストフォーマット)を採用した遠隔呼び出しプロトコル

例えば自分の手元にあるプログラム上でJSON-RPCを使ってホスト側にある関数や、プログラムを呼び出すことなどに使う。

イメージとしてはコマンドを送るとホスト側にある関数をホスト側で処理させて自分の側に送り返してもらう感じ。

今回のエラーコードは5行目「32003」

エラーの内容は不明だが、エラーメッセージは

「Client connnector error」クライアントに接続できないとある。

「libcurl(リブカル)」はもとは「cURL(カール)」というデータを転送するプロジェクトのURL転送ライブラリーのこと。ざっくりいうとホストのサーバへアクセスするために使うライブラリ。ちなみにフリーソフト。

今回の「libcurl」のエラーコードは 「7」 ホストまたはプロキシに接続できないとある。

 

考察

今回の原因について考察する。

エラーの内容から考えるとホストへ接続できないのがエラーの原因と思われる。ethOSの性質を考えるとホストから拒否されていることは考えにくい。

そのため原因はこちら側の設定の内容IPアドレスが違うなどの可能性が考えられる。

以下、考えられる可能性を列挙する。

  • 設定が違う(IPアドレス、OSの設定
  • ホスト側から拒否(これはほぼないと思う)
  • ホスト側のエラー(サーバーダウンやメンテナンス)
  • OSのバージョンが違うために出たエラー
  • USBによるもの(3.0じゃなければエラーが出るという情報あり。)
  • こちら側のプロキシサーバがエラーを起こしている

など様々考えられるが、ハード面ではなくソフト面で問題があると考えられる。

 

結果

結果的にブータブルUSBの再作成→設定のし直し

これを行なった結果、マイニングが正常に始動した。

以上の事から推測される今回の原因は

  • ブータブルUSB作成時のファイル選択ミス(img→iso 意味としては同じはずだがisoでなければ動かない可能性あり?)
  • OS設定ミス(pool等々)

原因については推測の域を出ないが、同じようなエラーコードが出ている方は以上の点を試してみて欲しい。

 

以上!「ethOSが動かない原因について再考察してみた」でした!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

日本一の取引所bitFlyer

開設がまだの方はこちらから開設ができます。↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

開設方法はこちら↓

【仮想通貨】bitFlyer(ビットフライヤー)登録方法!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください