ブログランキングに参加中🎶

【仮想通貨】NEM(ネム)/XEMとは?特徴を解説

ソラ

今日の記事は仮想通貨ネムについてです!コインチェックのネム流出についての記事を書きながら「あれ?そういえばネムについてあまり詳しく知らないな?」と思ったので調べました!当ブログのイラストレーターのアミちゃんが描いてくれた「crypto戦隊」ではグリーンを務めるネム!その特徴を解説します!

ネム

みんな、僕のこと覚えていってね〜
【仮想通貨】コインチェックXEM(ネム)流出事件〜ホワイトハッカーVSハッカーの全貌〜

仮想通貨NEM(ネム)とは

NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称でした。現在はその略称ではなくNEMという固有名詞であるとされています。金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトです。

2014年1月19日、bitcointalk.orgのフォーラムにてutopianfutureというハンドルネームの人物により企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開されました(CRYPTO STREAMより引用)

開発組織 Utopianfuture
通貨名 XEM(ゼム)
使用プラットフォーム NEM(ネム)
コンセンサスアルゴリズム POI
発行上限枚数 8,999,999,999枚(全て発行済)
公開日 2015年3月
公式サイト  https://nem.io/
ホワイトペーパー こちら

仮想通貨名はXEM(ゼム)?

私も、調べて初めて知ったのですがコインの名前は「ネム」ではなく、「ゼム」なんですね。ネムとは仮想通貨「ゼム」に用いられているプラットフォームのことのようです。

プラットフォームとは

これは元々IT用語なのですが、「コンピュータにおいてソフトウェアが動作するための土台(基盤)として機能する部分のこと」をさします。

私たちが普段利用している「スマホ」も GoogleやAppleがスマホ開発用の基盤となるプラットフォームを提供していてそれらを元に作られています。

マイニングできるの?

個人でマイニングを行なっている私が一番気になるのはやはりココ!マイニングはできるのか?できないのか?

結論から言うと、私が現在行っている「GPU・CPUマイニング」はできないようです。そもそも、ビットコインなどはマイニングの承認アルゴリズムが「PoW」(ビットコイン)や「PoS」(将来ETHが移行予定)といったものを採用しています。XEMはマイニングではなく「ハーベスティング」というらしいのですがその報酬を決めるために「PoI」と言うものを採用しているようです。

PoWとは

「Proof of Work」の略で、その名にあるように「Work」(仕事量)の多い人ほど報酬が得られると言う仕組み。ここで言う「仕事量」とはマイニングのハッシュレートであり、取引の承認数です。

PoSとは

「Proof of Stake」の略で、「保有による証明」という意味です。PoWと違う点はマイニング報酬が「通貨の保有量」によって増減する仕組みというところです。

PoIとは?その仕組みは?

PoWやPoSといった承認アルゴリズムについては簡単にですが、ご理解いただけたかと思います。PoWやPoSでは、お金持ちはさらにお金持ちになってしまう仕組みです。なぜかというと、お金持ちはマイニング用の機材なども大量に購入できますし、保有量によって報酬の量が変わるというならその資本力を活かしてコインを大量に購入することも可能です。PoIはそれらの問題点を解決することができるのです

PoIとは

「Proof of importance」の略で、「重要度による証明」という意味です。ネムの使用ユーザーの「重要度」によって報酬が変わります。重要度の決め手となるのが「コインの保有数」と「取引回数」です。これによりいくらコインをたくさん持っていようが、マイニング機材をたくさん持っていようが報酬をたくさん受け取れるなんてことにはならないのです。

この「取引回数」というのも同一アカウントと取引を行っても「重要度」には繋がらないのでいろんな人と取引をすることで「富の再分配」につながるという訳です。

PoIスコアを上げて報酬を多くもらうには

ハーベスティングするためには必要最低限の条件があります。

その条件とは

  1. 一回に1000XEM以上の送金
  2. 保有量が10000XEM以上のユーザーアカウント(ウォレット)からの入金
  3. 30日以内の取引である

などなど、どうやらただコインを持って取引を行っても報酬は得られないようですね。

詳しくはこちらのサイトに記載されていますのでPoIスコアを上げたい方はぜひ参考にしてみてください。

NEM.io財団について

今回のコインチェックのネム流出の際にも迅速な対応をとり、その存在感を強めた「ネム財団」。

NEM.io財団の主な目標は、「NEM技術を振興し、ビジネス、学術、そして政府部門にまでその採用を拡大すること」と発表しております。日本のテックビューロ社のCEO朝山氏も2017年6月に正式に理事(評議会員)に就任しています。

公式サイトはこちら

そもそも「財団」とは

財団とは事業を進めるために存在する各国の法律で認められている法人です。

営利団体となると、株式会社や有限会社などの法人格となりますが、財団は基本「非営利の公益事業」を行うこととなります。(一部収益事業も認められております)

有名なのだと「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」「ロックフェラー財団」があります。

mijinとは

NEM財団評議員朝山さん率いるテックビューロ社はNEMに利用されているテクノロジーを利用して「mijin」というプライベートブロックチェーンを開発しました。

mijinとは

ビットコインの生みの親である中本哲史によって発明された「ブロックチェーン」技術。
それを誰もが簡単にプライベートP2Pネットワークとして利用できるように開発された汎用プラットフォームがmijinです。

自社内、もしくはパートナー間でのみ利用可能な「Permissioned Blockchain」環境を構築できるため、
「ゼロダウンタイム」というブロックチェーンの恩恵を得ることができるだけではなく、圧倒的なセキュリティレベルと高いパフォーマンス、そして大幅なコスト削減を実現します。

mijinの名は、忍者の武器である「微塵」に由来します。3本の鎖に分銅がついたこの武器は、敵を「微塵」に打ち砕くことからそう名付けられました。
mijinは、既存のデータ管理インフラの常識とコスト構造を打ち砕きます。

金融機関から個人デベロッパーまで、全ての人にブロックチェーンの力を!(公式サイトより引用)

カタパルトについて

ネムのことを調べるとよく聞くのが「カタパルト」の実装です。現在、テックビューロ社とNEMのコアデベロッパーが共同で開発している「カタパルト」というコードネームのプロジェクトがあります。これは簡単にいうと「処理能力の向上」です。2018年以降の実装が予定されており、実証実験の結果「3000~4000取引/秒の処理能力」もの取引を行うことが可能になるということです。

比較対象

・クレジットカードVISA

→4000~6000取引/秒の処理能力

・XRP(リップル)

→約1500取引/秒の処理能力

クレジットカードと同じ使用感で、使えるようになるのはすごいですね。この「カタパルト」ですが、仮想通貨XEMだけでなくmijinにも活かすことができるようで、双方の改善が見込まれます。

まとめ

ネムについて調べて、思ったことは、何よりもネムの目指している「富の再分配」という思想が素晴らしいと感じました。世界には「お金を持っている人」よりも圧倒的に「お金を持っていない人」の方が多い訳ですから今後、ますます携帯などの普及が発展途上国などで増えることにより比例的にネムの需要も増えるのではないかと思いました。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.